【DIY】2000円でバレエ用 バースタンドを自作(1)どんなバーなら使いやすい?

こんにちは!たーたんです。

今日は、バレエ用のバースタンドについてお話ししようと思います。

スポンサードリンク

バースタンドって何?買えないの?

いきなりですが、我が家では子どもがバレエを習っています。

バレエではバーレッスンなるものがあるようで、バーレッスンの時に支えとして使うのがバースタンドです。

無断で画像を拝借するのも良くないので、「バレエ バースタンド」でイメージ検索してみて下さい!

ある日、子どもが家でもバーレッスンをやりたい!とせがんできました。

自発的に熱心に頑張っているので、親としては応援したくなります!

で、探してみたのですが、バースタンド、しっかりしたお値段します。例えば、これ。

クリスタルバーCB-3F

ちゃんとカッチリ作られてますしね。そりゃそうですよね。

あと、マンションの部屋に置くなら、もう少し置きやすかったり、子どもが取り扱いしやすかったり、家の雰囲気に合うものがいいなあと思いました。

うちの雰囲気…

うちは日曜大工で作った家具が多いので、それと合うバースタンドと考えると…

やっぱり、作るっきゃないですね!

どんなもの?どうやれば使いやすい?

バースタンドは、二本の脚があって、間のバーの高さを変えられる必要があります。

図で言うと、このような形です。

また、姿勢を確認したいため鏡の前でやりたいようなので、スタンドごと移動できると嬉しいようです。

そう考えると、イメージ、可動式の鉄棒ですね。

子どもが高さを変えられる事を考えると、ネジでとめるのがいいのかなあ。

バーの固定方法は、ちゃんと考えないと。

実はそんなにこのバーには体重はかけないようなので、堅牢性はそこまで必要でもないそう。

これはちょっと予想外でした。

材料はどうする?

子どもが使うので、バースタンド全体としてはあまり重過ぎないのがいいです。

どうしても当たったり、倒れたりという事態は発生しうると思います。

その時の事や、可搬性、家の雰囲気に合う事も考えると、、、

材料は木材になりますね!

強度について、どれくらい木の棒が曲がってしまうのか、ホームセンターで確認してみましたが、大丈夫そうです。

スポンサードリンク

デザインとサイズは?

市販のバースタンドを見ていると、穴の高さは一定の規格がある訳でも無さそうです。

意外とバラバラですが、だいたい、

82cm、87cm、92cm、97cm、102cm

と、80cmくらいから5cm間隔で、5つほど穴があれば良いようです。

ですので、後は作り手と子供の都合で決めればいいかなと。

サイズ感は、これまた普段スクールで使っているスタンドについて聞いてみた感じ、割と長い。

今回は、長いと思って作ってみて、長すぎたら短くする、でもいいですね!

なので特にこだわり過ぎないようにしました。

バーの固定方法は?

バーの固定方法は、二種類あるようです。

ひとつは、ネジで横から固定する。高さの変更は、バーそのものの高さで決める。

これは、ネタバレ?ですが、今回の作品です。

もうひとつは、バーがスポッと入る筒を用意して、そこにバーを入れる。

高さは、その筒が取り付けられているステーのような部品ごと上げる。

うーん、、、

後者の方が使いやすそうだけど、作成難易度が高い!

ので、前者で作ることにします!

そして、実際に作り始めます!

そういえば、この前美術館で子供がマイムの練習になる!って言ってました。

ご興味お持ちでしたら、こちらの記事もご覧ください!

プーシキン美術館展に行ってきました!(大阪・国立国際美術館)

スポンサードリンク