【DIY・日曜大工】小さな子ども用のお絵かきボードを自作!作り方は?

こんにちは!たーたんです。

我が家の子どもが小さい時(2才〜4才頃)、よくお絵かきをしていました。ただ、どうしても年齢が小さい時は小さな絵は描けないので、紙からはみ出て描いてしまう事も多かったです。

うちの子どもは良く、ピグマックスというペンを使って絵を描いていました。色の種類も多く、とても良かったです。

ですが、とはいえ紙からはみ出て床に付くと、ちょっと取れにくい。

机の上でも、木に染み付いてしまって取れにくくなるので、何かの上で描いて欲しい。

専用コーナーにしてしまうと、わざわざそこに行かないといけないので、ちょっと不便。

という訳で、スケッチブックがちょうど入るサイズのお絵かきボード・スケッチブックケースが欲しくなりました。

子どもが一生懸命絵を描く時に、親が「ああっ、はみ出てるよ!」とうるさく言わなくても、「上手だね!」と言って過ごせる、そんな時間と環境が欲しくなりました。

ただ、よく使っていたのは100均のスケッチブックで、そんな都合の良いモノはそうそう無いですよね・・

という訳で、作りました。

出来上がりは、このようになります。

スポンサードリンク

デザインとサイズは?

子供向けに2つ作りました。

最初作ったものは、よく使うスケッチブックに合わせて作りました。

100均で売っているスケッチブックを開いた状態で、ある程度余裕を持って入れられるサイズ(530mm x 380mm)としました。

こうやって使っていると、もうひとりの子どもも自分のが欲しくなりました。

ただ、その時によく使う紙のサイズが違ったので、2つ目は違うサイズ(460mm x 370mm)で作りました。

いずれも、フチの木は12mm x 40mm。下の板はシナベニヤ4mm厚の木で作りました。

子どもにとって、もしかしたらフチの高さ40mmはちょっと高かったかもしれないなと今振り返ると思います。

フチの厚み12mmはこれで良いくらいでした。

なので、12mm x 20~30mmの木があるなら、それを使うほうが良いのかもしれません。

作り方は?

割とシンプルな構造なので、割と作るのはカンタンです。

木はホームセンターで購入しました。購入する時にカットしてもらってもいいですし、自分の家でノコギリで切っても良いと思います。

材料は、組み合わせて接着剤で接着すれば構いません。

我が家で作った時には、クギで固定しました。

コーススレッドで固定するには木の厚みが薄いように感じました。

スポンサードリンク

完成・作ってみてどうだったか?

完成したお絵かきボードはこのようになりました。完成直後ではなく、数年使った後のものです。

子どもは気に入って、よくこの上で絵を描いてくれました。勢い余って、スケッチブックなしで絵を描くことも多かったですが・・

使ってみての感想としては、色んな使い方があるんだなと思いました。

まず、途中少し書きましたが、子どもにはフチの高さが高かったように思います。

なので、40mmよりももう少し小さな高さの方が良いでしょう。

とはいえ、たまにこのフチを乗り越えて机に描く事件は起きていたので、悩む所ではあります。

次に、スケッチブックを固定する所があってもよかったし、スケッチブックではなくA3の紙を大量に置いておくのでも良かったですね。

持ってきて載せて、とする一手間を省けるだけでも、絵を描く機会は増やせたかなあと思います。

さらに、実はお絵かきボードとしてだけでなく、「何かを作って、片付けずにそのまま持ち運べる台」として、使っていたように思います。

  • お人形さん遊びの街づくりの土台
  • レゴの街。この上に建設されていました(笑)
  • トミカが動く場所。所狭しとトミカが走り回っていました。
  • 裏返して、おはじきの戦場にもなっていました。

まとめ

机を汚さず、しっかり子どもに絵を描いてもらえるボードに仕上がっていたと思います。値段は忘れましたがかなり安価に出来ますし、作成難易度も低いので、同じ悩みをお持ちの方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク