【レビュー】保温燻製器イージースモーカー。マンションでも燻製可!

こんにちは!燻製初心者のたーたんです。

THERMOS(サーモス)の保温燻製器、イージースモーカー(easy smoker、RPD-13)を手に入れましたので、使ってみた感想をレビューしますね。

スポンサードリンク

入手のきっかけは、ふるさと納税

燻製がやりたいな、とは思っていましたが、なかなかきっかけもない中、

群馬県千代田町のふるさと納税の返礼品にて見つけて、いろいろ悩んだ末に注文。

悩んだ理由は、ふるさと納税なので納税予定の金額の一部とはいえ、

納税額としては高いですからね・・。

他の返礼品とあれこれ悩みましたが、一度やってみたいという思いが優って、

奥さんにも許してもらって(!?)、これにしました。

記事を書いている今(2018年12月5日)は、残念ながら返礼品リストからなくなっているようです。

が、来年になると、また出てくるかもしれません。

ちなみにモノとしてはこちらです。

モノの到着〜開梱まで

これはどちらかというとRPD-13のレビューではなく群馬県千代田町のふるさと納税品のレビューになってしまいますが、非常に丁寧に梱包されてました。

こちらが到着したモノの様子です。がっちり紐でも結んであります。

ビニール袋を開くと、ダンボールでさらにくるんであります。

くるんであるダンボールの下では、さらに上質な包装紙にも包んであります。

かなり丁寧にしてあるなという印象です。

しかも手書きのお手紙付き!アラフォーのおじさんにはグッと来ます・・

さて、実際に開梱して使っていきます!

セット内容

ダンボールをあけました。並べてみると、こんな感じです。

同梱物としては、

  • フタ
  • カタ+保温容器+ソコ(取扱説明書上は別になっているような書き方になっていましたが、私が箱から出した時には全部セットされていました)
  • スモーキングチップ(桜材)
  • 焼き石(焼き芋用)
  • 取扱説明書
  • クッキングレシピ

です。

使い方は一通り見ればすぐにわかるな、と思うくらい簡単に書かれていますし、手順としても簡単です。

チップを入れて、燻製したいものを入れて、火をつけて、一定時間後に保温容器に入れる

これでO.K.です。簡単ですよね。

燻製にチャレンジ!

さて、早速チャレンジしてみます。

家にたまたまあった、6Pチーズを入れて燻製してみます。

作り方はクッキングレシピ通りに行いました。

まずは鍋に5gのチップを入れて、網をセットします。

次にチーズを網に乗せ、強火で加熱して煙が出たら弱火にし、ふたをして5分間加熱します。

本当に火がつくの?とも思いますが、湯気のような煙が結構すぐに立ちます。

で、5分たったらふたをした鍋を保温容器にのせ、15分間保温します。

さて、その保温が終わった状態がこちら。

すごくいい感じの色をしてますよね〜。

実際にはふたを取ってすぐは若干柔らかかったので、お皿に移して、

5分ほど経ってから食べました。

まさにスモークチーズの味!これは満足度高いです。

煙はどうだった?

我が家はマンションなので、煙が気になったのですが、

普通に鍋からはチョロチョロと煙が出る程度で、ほとんど気になりませんでした

換気扇を普通に回しておけば良いくらい。

しかも、加熱時間が過ぎれば出ないので、5分間出る程度です。

スポンサードリンク

感想とまとめ

マンションでまさか燻製ができるとは思っていなかったので、感激です。

しかも、どうやら焼き芋もできるみたいですね。

芋掘りに行って、たらふく焼き芋したいです。

あえて注意すべきことを書くとすると、

RPD-13の商品レビューを見ていると、「保温容器を誤って熱してしまった」という記載がありましたが、確かに若干間違えちゃいそうな見た目ですので、気をつけてください。

触ってみれば、外側がプラスチックの容器なので、さすがに火にはかけないかな・・とは思いますが、念のため。

この商品(THERMOSのRPD-13)だけではなく他の商品も良いかもしれませんが、

子供もとても喜んでチーズを食べていましたので、

スモーク好きな人はひとまずこれは買って損はないなと思いました。

ご参考まで!

スポンサードリンク