【ストレッチ・実体験】ヘルニアにいいストレッチは?すぐに効果があるものなの?

ヘルニアになった時や治療中は、あれこれ不安ですよね。

どうやったらこれを治せるのだろう?とか、

手術をしないと治らないのだろうか・・とか。

セカンドオピニオンを求めていろんな病院を行脚したり、

納得がいくまであれこれ迷ったり、

自分なりに方法論を探しておられる方も多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

手術は行っておらず、

主に静養+ストレッチ+少しずつ運動して筋肉での補強、

でヘルニアに立ち向かいました。

そして、一定量スポーツができるくらいには回復できました。

私は医師ではありませんので、こういう治療法がいいよとは勧められませんが、

私がどのようにストレッチをやっていたかについては、

方法をお探しの方には有用かもしれませんので、

シンプルではありますがまとめます。

スポンサードリンク

やっていたストレッチ:腰(背中)の筋肉をのばす

当初参考にしていた動画は残念ながらなくなっていますが、

この動画のような体操を、痛みのない範囲でできるだけ毎日やりました。

ヘルニアからの坐骨神経痛改善ストレッチ

1分15秒あたりからの説明にある通り、とにかく腰(背中側)を伸ばすようにしました。

やってみると分かりますが、最初は怖いです。

ピリッとしたあの痛みがいつ来るのか、不安でしょうがないですよね。

怖いなら、少しずつです。

あの痛みが来ないように、じんわりと。

ちょっとでもピクッと怖いなと思ったら、すぐやめましょう。

じわじわ、ゆっくりとやるのが私には良かったです。

私がやっていた時は首もなるべくお腹を見るように曲げて伸ばすように指示がありましたが、

この動画ではそこまでやっていませんね。

それが良いのかどうかは分かりませんが、

私はお腹を見るようにした方が背中全体が伸ばせる感触があり、良かったです。

すぐ、コロンと横に転がってしまうのは難点ですが・・

また、左右に膝を振る運動も、準備運動的にやっていますが、

これを20秒ほど左もしくは右に振ったまま止まると、これまた気持ち良いです。

腿がゆっくりのばせるのです。

良さそうだなと思われた方、ぜひやってみてください。

2週間ほど続けると、徐々に効果がわかってきますよ。

やっていたストレッチ:大腿をのばす

また、こちらも参考にしていた動画がなくなっていますが、

大腿(腿、お尻周りの筋肉)をのばすストレッチも行いました。

この動画で説明されているストレッチを、片側20秒ずつやっていました。

仰向けで行う腰痛改善ストレッチ Low Back Pain Treatment Stretch

こちらもやりましたね。

ぐっと体に引きつける前に、足を組んだ状態でしばらく止まっているだけでも、

最初はとても気持ち良かったです。

仰向けで行う腰痛改善ストレッチ Low Back Pain Treatment Stretch

また、こちらもやりました。

(最初のあぐらの姿勢は、私の実体験としてはしない方が良いです。あぐらは大敵です)

座って行なう腰痛改善ストレッチ Low Back Pain Treatment Stretch

腿の裏が痛いところまではやらないで、

じわ〜〜っと伸びていて、気持ちいいな、と思う程度にしましょう。

背中を丸めずに、腰の根元から曲げるようにするのが腿の裏をのばすポイントだと思います。

ちなみに私は、お恥ずかしながら最初は足に手が届きませんでした。

また、最初の動画では膝を横に倒しきっていますが、

もし痛かったり、怖かったりする場合は、無理に倒しきる必要はないです。

じわ〜〜っと腿の裏がのびて、気持ちいいな、というくらいで20秒ほど止めておくのを続ける。

これを毎日できればやってみてください。

私が整形外科の医師から伺った話によると、ヘルニアのメカニズムとしては

腿の裏の筋肉が固くなって、筋肉が伸びない状態で無理やり腰を曲げた時に、

本来腿の筋肉がのびて曲がるはずの運動が、

背中の椎間板を押しつぶすように曲がってしまうからだ、

との事でした。

なので、背中もそうなのですが、腿の筋肉をほぐすことにとにかく集中しました。

これ、私には思っていたよりも劇的に効果がありましたよ。

良いと思われた方は、ぜひトライしてみてくださいね。

ストレッチをやりはじめられる時期に注意

ヘルニアをやってしまったら、すぐにでも治したくなるのが人情だと思います。

はい、私自身もそうでした。

でも、私もお医者さんから止められましたが、

すぐにストレッチや筋トレをするのはやめましょう。

少なくとも痛みが引くまでは医師の診断に従いましょう。

私はコルセットを着用しながら、安静に生活しました。

痛み止めの薬も処方してもらい、しばらく安静にしていました。

しばらくすると、(なぜか)痛みもやわらいできます。

その時に、無理しない範囲で(ここ、超重要)、やりはじめましょう。

怖いと思ったらストップ。

ストレッチでのばすのも、「気持ちいいな〜」と思う程度で止める。

それが、すごく大事だと思います。

スポーツを本格的にされている方は、特にストイックに自分をいじめる事に慣れているため、

最初から厳しいストレッチをしようとされる方も多いのではと思います。

リハビリは大変なものだからと、最初から飛ばしすぎないように。

ヘルニアのリハビリで一番大変だったのは、無理しないようにする事と、

恐怖心に立ち向かう事だったと記憶しています。

とにかく、じっくり、焦らず。

急がば回れ、ですよ。

治った後もたまにはストレッチを

またこちらも実体験ですが、完全に治った!と思っても、

例えば旅行先の旅館で座卓でご飯をいただく事になり、

1泊の旅行の間に腰がじんわりだるくなってきた。

という事もあります。

簡単に治るものでもないし、すぐに悪化もする。

今でもそうです。

ヘルニアになってしまったら、うまく付き合っていく必要があります。

そういう時は、また上記で紹介したストレッチをやっています。

やはり凝っているのか、のばすと普段よりも気持ちがいいです。

腰がじわりとだるくなる、というのは私なりのヘルニアのサインですが、

皆さんも、「あ、これ腰が痛くなる前兆だ」というサインを見つけて、

その時から上記のストレッチをやると、かなり違ってくると思いますよ。

スポンサードリンク

まとめ

私がやってきた腰痛・ヘルニアを良化させるためのストレッチについて紹介しました。

少しでも気になったものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

毎日の少しずつの活動が、きっとあなたのヘルニアライフ(?)を良いものにしてくれるはずです!

それでは。

スポンサードリンク