やりたい事が見つからない。趣味がない。そんな時に見直すこと!

こんにちは、たーたんです。

ちょっと憂鬱な気分の時に、この気分をなんとかしたいと言う思いが出てきたり、趣味があれば・・と思うことってありませんか?

せっかくの週末、せっかくの仕事終わりの自分の自由時間、そういう時間ができたタイミングでも、モヤモヤした気分だといい時間の過ごし方にならないですよね。

逆に、そういう時間をうまく使えなかったり、自分は趣味がないから・・と考えてしまう事で、またモヤモヤしてしまう・・

この記事では、そういう気分の時にやりたい事を見つけるお手伝いを少しでもできればと思い、やりたいことってなんだろうか?をサポートするヒントを私なりに紹介したいと思います。

スポンサードリンク

やりたい事を、シンプルに、やるのが大切

それ系な気分の時に、やりたい事をやるのが精神的にとてもいい事だと、モノの本を読んでいるとたくさん出てきます。

ググってみても、そういう記事って多いですよね。

医学的にも、アドレナリンが分泌され・・など、専門的な用語を交えて、EBMとしても良いのだと出てきます。

私も、やりたい事をやるのはいいですよと、こちらの記事で紹介しました。

会社を休んでいる時にやって良かったこと。とにかく寝る。好きな事をやる。

実際、私の実体験として考えてみても、やりたい事をどんどんやっている時は心が平穏だったな〜と思います。

何も他に悩ましい事を考えなくていいという脳の休憩の側面もありますが、単純に面白くて脳が活発に動いているんですよね。

面白くて、自分の脳みそが活性化している感じ。そうそう、医学的にはアドレナリンを感じます(w

そして、そういうやりたい事をたくさんできている時間って幸せなんだなーと思います。

じゃあ、やりたい事をシンプルにやればいいのでは?

でも、じゃあやりたい事をやればいいじゃない?

と思ってしまう人は健康な人かと思います。もしくは、自分が過去そういう事に悩んでいた事を忘れている人かもしれません。

自分に当てはめて考えてみると、憂鬱な事を思う瞬間は、心が弱っているタイミングが多いです。

そういう時は心が弱っているので色んな事にも自身がなくなっていき、自分の声をあまり聞けない結果として、自分がやりたい事がわからなくなっていたりします。

事実、私もそうでしたし、日記を見ても、今やりたいことってなんだろう?わからないなあと思った事は多くありました。

健康な人からすると、少し異常ですよね。

そうなんです。だから病気にもなりますよね。この状態がそもそも病気なのかもしれませんが・・

なので、定期的にそういう気持ちになるものなのかもしれません。

スポンサードリンク

探しているとなかなか見つからない

そして、そういう憂鬱な気分を晴らしたいと思っていざ自分がやりたい事を探そう!と思っても、実際そうそううまくやりたい事が出てきませんし、見つかりません。

たくさんやりたい事を思いつく人は、それこそあまりこういう事で悩まないのではないかと思うほど。

例えば、こんな感じ(実体験)

自分がやりたいこと・・

うーん、今は喉が渇いているから水が飲みたいかな、

あ、でもそういう簡単な事じゃないか・・

自分がやりたいことって事は、自分が今後ずっとやっていきたい事?

でも、そんな事、今までの人生であんまり考えてこなかったし・・

やりたい事ってなんだろう?やりたいってなんだろう?

などなど。

でも、例えば上記でもヒントはあります。それは、

「水が飲みたい」

です。

すごくシンプルなメッセージですよね。これがやりたい、と。

やりたい事、というハードルを上げすぎてない?

目的が、「今の気分を解消したい」から出てきているためか、自分が何がしたいのかを考える時に、そのしたいことのハードルをむやみやたらと高くしている人が多いように感じます(私含め)。

例えば、水が飲みたいとか、誰かと話したいとか、ぼーっとしたいとか、そういうレベルでは皆さん思ったり、思わずとも自然とやったりしていませんか?

何がやりたいのかを探す時に、その探す事についても、そういう自然な事でかつできることから少しずつやっていけばいいのだと思います。

ウィンドウショッピングしたい、おしゃれなカフェに行きたい、ゲームをしたい、電車に乗って旅をしたい。などなど。

やりたい事を、少しずつやっていく。心の声を聴いていく

お金をかけなくても、自分が出来る範囲のやりたい事って、今の世の中、出来るようになってきているように思います。

例えば旅行にしたって、すんごいいいホテルに泊まるとかなら話は違いますが、

どこかに旅行に行きたいレベルだったら、電車とビジネスホテルで2万ほどあれば十分出来ると思います。

平気な人なら、漫画喫茶で眠ればいいですし、そうすれば1万円を切るくらいの値段で旅行できますよね。

全く何もできないほど大それた事ばかりで悩んでいる人たちばかりでもないと思うのです。

実際、私がそうでしたし、身の回りの人を見ていてもそう思います。

少しずつ、自分が思ったやりたい事を叶えていく

それが、自分のやりたい事を見つけ出すヒントだと思います。

私がやった事。とにかくノートに書き出してみた

私の場合、うんうん悩みましたが、まずはノートに、何がやりたいのか、一日の色んなシーン(朝、昼、夜)に、それぞれ書き出していきました。

ノートは、どんなノートでも構いません。

私はフラットに開けるミドリのノートが、ノートカバーを作るほど好きで、それを持ち歩きながら、ふとした時に、あ、これやりたいな、と思った事を書いていきました。

スマホのメモ機能でも良いですよね。

シンプルに、やりたい事、好きな事、を、どんどん書いていきます。

実現可能性は全く考えずに

思いついた事、何年か前に好きだったこと、自分の子供時代に好きだったこと、自分と似ているタイプの子供が好きな事、目についたこと、そういえばこれやりたいと思ってたという事、などなど。

書いていく時に、整理されて無くて構いません。

どんどん、とにかく書いていくんです。

以下の記事で書いている通り、家族がヒントをくれる時もあると思います。

妻子持ちなのに会社を休むことに。そんな人だからこそ分かる事

あと、「趣味 種類」とかでググると、色んな趣味のリストが出てきたりもします。

みんながやってる趣味ってなんだろうと思って、調べてみながら、少しでも興味を持ちそうなものをリストに挙げてみるのも良いと思います。

スポンサードリンク

書き出して見ると、見つかるもんですよ!

というのを、何日か繰り返してみます。

繰り返した結果、なんだかんだで項目が書かれている状態になるのではないでしょうか。

それを落ち着いて見直してみると、意外とやりたい事かつ、やれる事がある事に気づきました。

ここで、「こんな事じゃなくてさぁ・・」というのではなく、まずは挙がった項目をやってみる事がオススメです。

見直すタイミングによっても、それをやりたいと思うかどうかはバラバラだったりします。

それはそんなものなので、気楽にとにかく、それらの中からやりたい事を、やっていくと、楽しかったですね。

私の場合は、ゲームをやりまくるとか、図書館にこもって本を読むとか、パズルをするとか、そういう地味系なものばかりでした。

あと、職場復帰間近になったタイミングでは、カプセルホテルに泊まってみる、とかもやりましたね。

ふっと、やりたいな〜〜って思ったことって、思いついても記憶にそう残るものでもないので、とにかくメモしてみる。

すると、その集団の中に、宝が眠っている。

本当の自分の気持ちが、残っている。

そんなものだと思いますよ。

それではまた!

スポンサードリンク