【コインランドリー・投資】主要な経費・最低限必要な設備・収入目安と変化(導入後・季節ごと)は?

こんにちは、たーたん(@tahtan_tahtan)です!

キャッシュフローを取れる投資対象として、コインランドリー投資を調査しており、まとめた記事を以下に作成しました。

コインランドリー投資の調査。利回り・リスク・気にすべきポイントは?

どのような経費がどうかかるのか?収入はどのレベルが目安なのか?導入後の変化はどのようになるのか?など、基本的な情報がわからず書籍などを元にあれこれ調べたのですが、結果を自分向けメモとして残します。

同じような事で調べておられる方の参考になれば嬉しいです!

スポンサードリンク

主要な経費

開業は1,500万程度から可能であり、1億くらい必要な不動産よりは非常に始めやすいビジネスだと紹介されています。

ただ3,000万〜4,000万円くらいの投資額が最も多いと書いてある本もあり、金額感は情報源により異なりますが、とはいえそれくらい(億はいかないけれども数千万の前半は必要)の規模感ということでしょう。

ちなみにWASHハウスのHPおよび決算短信からも一部読み取れる情報がありまして、そちらは以下にまとめています。ご参考まで!

【コインランドリー・投資】WASHハウスの決算を確認。既存店売上高・出店時の初期費用・管理費は?

機械(ランドリーのマシン)

最も費用がかかるのはランドリーのマシンそのもので、本によっては初期費用の6割がここにかかると書いていますが、こちらはリースによって賄えるとの事です。

例で挙げられている金額は1,300万で、リース料率は1.5%、期間は7年強で年間の支払額は234万円で計算されていました。

売上経費

また、洗濯するたびにかかる、各種消耗経費(電気代・ガス代・水道代・洗剤代)があります。

こちらについては基本的に使った分だけ消費される金額で、コインを投入されて動かない限りは計上されないという意味では、固定ではなく売り上げに比例する経費だなと感じます。

売上金額の約28%がこちらの経費となると紹介されていますね。

建築・内装工事費

お店も最初に建てる際に外の建屋があったとしても内装はさすがにきっちりする必要があると思うので、その辺りの費用はなんにせよかかるでしょうし、コンセプトによってはここは結構お金がかかるところかもしれません。

導入前に立地とともにコンセプトはしっかり検討すべきだと思っていて、その辺りは以下にまとめています。

【コインランドリー・投資】導入前に検討すべき事は?立地は最も重要!

例としては1,200万が挙げられていて、それが均等に10年分分けられた数字として書かれていました。

ローンで10年で支払うという前提かもしれません。

店舗・運営管理費

他に必要となるのは店舗・運営管理費(集金・清掃・両替・問い合わせ/トラブル対応)ですが、自分で行う際にはかかりませんと紹介がありました。

とはいえ、昼間に問い合わせが来ても対応できませんし、お客さんのことを考えても、サラリーマンのように副業で行う場合は上記運営はお任せするのが現実的でしょうね。

本を読んでいても、「実際、夜中に電話がかかって来て100円玉を握りしめて車で向かったという経験のあるオーナーは少なくありません」、と書いてあり、そこまでフォローが必要なのは大変だし正直無理だな〜、と感じました。

また、清掃も1日1回しなくても・・とか思ったりもしますが、「乾燥機のフィルターには1日で3cmくらい埃がたまります」とあり、それはさすがに清掃しないとまずいことになるな・・とも思います。

WASHハウスだと、月々11万程度のようですね。根拠はこちらです。

【コインランドリー・投資】WASHハウスの決算を確認。既存店売上高・出店時の初期費用・管理費は?

その他

また、本では紹介されていませんでしたが、店舗の電気代(照明・エアコン等)もかかると思います。

こちらはWebにて実際の収支計画と合わなかった方の体験談に載っていましたので後から紹介します。

うまいこといっている店舗においては、売り上げから必要経費を差し引いて、半分くらいが手元に残ると主張されています。

最低限必要な投資額と設備感

リース料やローンの返済を加味しても赤字になりにくいラインを最低限として、と紹介されていたのは、以下です。

  • 店舗面積:15〜20坪
  • 駐車場:5台以上
  • 洗濯機:2台
  • 洗濯乾燥機:1台
  • 大型乾燥機:2台
  • 2段式乾燥機:3台
  • 両替機:1台

上記の設置と、内外装工事・看板取り付け・賃貸契約保証金などを合わせると、だいたい1,500〜2,000万くらいになると書いてありました。

あくまで、「赤字にならない」ではなく「赤字になりにくい」です。

収入

月間売上額の目安

月に100万円の売り上げが見込める店舗が一つの出店の目安と書いている本と、80万を目指したくて、平均では60万円程度と書いてある本とがあります。

平均では60万円程度という事は、その下をなすゾーンの店舗もあるという事で、仮にそういう店舗が昔のほとんどリニューアルしていない店舗だったとしても、要注意ですね。

特に提案時に上記よりも高い目論見が出て来ている場合は、しっかりその根拠となるロジックと、数字の裏を取った方が良いのかなと感じました。

料金

さてその売り上げの元となる料金感ですが、地域や店舗により異なるけれども、おおよそ以下とのことです。

  • 22kgの洗濯機で、通常コースで700~1,000円
  • 12kgの洗濯機で、通常コースで400~600円

週に一度、これくらいの値段を払うならいいかな〜、と思う程度の値段感ですね。

収入変化

年ごと

初年度は次年度以降よりも20〜50%低い売上となることが多いと紹介されています。

理由はお店の認知度と固定客の客付までの時間スパンが長いためで、開店後じわじわと売り上げが伸びていき、3年後に安定する傾向があるそうです。

立ち上げを最大化したい場合は、販促活動(セールやチラシ等)を行う必要がありますが、そちらについては後ほど述べます。

季節変動

梅雨時期と冬(12月)が最大で、2月と9月が最小となる季節変動があるとのことです。

理由は衣類が乾かないタイミングでの利用が多いためとのことです。

季節変動を最小化させたい場合は、例えば花粉の時期ならそのクリーンさを、冬になる前に布団が丸洗いできる事や、衣替えの季節こそ活用すべき、などPRする販促活動を行っていけば良いとのことです。

スポンサードリンク

まとめ

必要経費感と売り上げの目論見がだいたいどれくらいで出てくるかについてまとめました。

提案を受ける際の基準にしようかなと思うのと同時に、以下でもまとめましたが、お店としてどのようなストーリーでお客さんが根付くのかとか、売り上げの根拠となる数字をうまく出して、実際に投資する際には見積もりの確度を高めたいなと思います。

コインランドリー投資の調査。利回り・リスク・気にすべきポイントは?

それではまた。

スポンサードリンク