【DIY】キーボードの掃除!キーを外して中までキレイに!

こんにちは!たーたんです。

日頃愛用しているキーボードからキーを取って中をキレイに掃除したので、そのやり方と必要な道具についてまとめますね。

ちなみに、ドライバーでネジを回して分解、のような込み入った作業はしないので、かんたんに掃除できますよ!

ポコポコとキーを外して、キーだけ洗って乾かす&ボードはゴミを取って、元に戻す、という作業でかなりキレイになります。

もし私のように、キーボードのキーの隙間に落ちているゴミが気になる!キーそのものを洗いたい!という人は、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、掃除前がこちら(半年ほどキー取り外し掃除していないものです。あまり拡大して見ない方がいいとは思います・・)。

掃除後はこちらです!スッキリ!(遠目ではわかりにくいか?)

スポンサードリンク

掃除って表面を拭くだけではないの?

掃除といっても、普通にウェットティッシュとかで拭けばいいのでは?という方もおられるかもしれません。

確かに、それでかなりの汚れは落とせると思います。実際私も、ある程度会社でサッと掃除する時には、ウェットティッシュで拭いていますし、かなりの期間はそれで十分だと思います。

ただ、やっぱり使って半年〜1年ほど経つと、ホコリや髪の毛等のゴミが、キーボードの間に入ってしまって、あまり気持ちいい感じじゃないんですよね。

ゴミがある程度たまってしまうと、妙な角度でストロークするキーが出てきて、中身の軸にも悪影響が出る・・という事は、もしかしたらあるのかもしれませんが、そういう故障面というよりは、単に掃除したいなーと思うようになる感じです。

なので、キーを取り外して、掃除をします。

必ず要る道具は?・・実は1つだけ。

キーは一つ一つ外していくので、このようなキートップ外しが必要です。

おおよそ500円くらいです。

実はこれだけでキーボードからキートップを外して、掃除することが出来るんです。

あった方が良い道具は?

掃除をする際に、追加であった方が良い道具がいくつかあります。

でも、いずれもそんなに特別に意識して集めなくても、普通家にあるものだとは思いますし、無くても何らか代用できるものはあるのではないでしょうか。

洗面器・バケツ

キーそのものを入れてガサガサと洗うためにあると便利です。バケツでもいいです。私は洗面器でやりました。

タオル

キーを洗った後に拭くために必要です。洗うなら要りますね!

台所用洗剤

キーを洗う際に、少し入れておくとよりキレイになります。

綿棒・ウェットティッシュ

キートップを外した後のキーボードのホコリを取るために使います。逆に向けてパンパンとはたくだけでは大概、スッキリとホコリが取れないので、無いときついです。よく絞った小さなタオルとかでも良いかもしれません。

さて、では掃除をしていきます。

作業開始。まずはキーボード全体の写真を撮る

さて、掃除前のキーボードです(注:キレイではないので、あまり拡大して見ないほうが良いかと・・)

早速掃除の作業をし始めたい所ですが、なぜ開始前にこのような写真を撮るかというと、ブログに載せるからではなく、

どこにどのキーがあるのか、後で調べるため

です!

これ、超重要です!!!

キーボードの並びについては、例えばQWERTY配列の文字部分はわかるのですが、例えばInsキー、Homeキー等はキーボードによって位置が違います。

まだInsやHome、Del、Page Down、Page Up等は使う頻度もありますが、Scroll Lockとか、PrintScreenとか、覚えてます?

私は覚えてないです・・。

Web上にそのキーボードの画像があればまだ助かる(事もある)のですが、そうでないと後からとても面倒になりますので、まずは写真を撮る事をオススメします。

スポンサードリンク

キーボードからキートップを外す

写真を撮ったら、まずはキートップを外していきます。

キートップを外すためには、前に書いたようにキートップ外しを使います。

キートップ外しとはこんなものです。

このキートップ外しをキーにはめて、外していきます。このようにキートップ外しを開いて、

キーの間に差し込みます。キートップのカドにひっかけて、全体として少しナナメに差し込むとやりやすいです。

そして、ピッと抜きます。そんなに力は要りません。

逆に力が要るということは、何かで引っかかっています(そういう構造のパーツもあります。後述)。

ですので、無理にやらずに、何か引っかかっていないか、見ることをオススメします。

一つ抜けました。

これを、全部のキーについて、やっていきます。特殊な構造な可能性が少なく、どんどん取っていける小さな部品から作業をしていきます。

まずは矢印キーを外しました。

外したキートップは、どこかに行かないように入れておくと良いでしょう。私は後から水で洗うので、洗面器に入れていきました。

小さなキーから順に、どんどん外します。慣れてくると、ポコポコ外れて気持ちいいです。

どんどん、どんどん・・

もっともっと・・

外していきます。

さて、そろそろEnterキーやスペースバーを外します。

FILCOのMajestouchではこれらのキーは、単にスイッチにはめてあるだけでなく、ハリガネで留めてあります

キートップを外した後のスペースバーはこのようになっています(清掃後)。フック状になったハリガネも付いていますね。

Enterはタテについています。

キートップ側にも、このようにハリガネを通す部分があります(これは左Shiftキーです)。

ですので、単にスイッチから外すだけでなく、ハリガネを抜く作業も要ります。

といっても抜くのも簡単で、左右に少しズラせばすぐ取れます。

というようにして、少し大きめのキートップも外すことが出来ました。

そして、残っているFunctionキー、Escキー等を外して、これでキートップが取れた状態になりました。

次はキートップを洗います!

キートップを洗う

キートップはプラスチック製で基板・電子部品系は付いていません

なので、気にせず水でバシャバシャ洗います。お米をすすぐ感じと似た動かし方をすると、効率的に汚れが取れました。

キートップを洗面器に入れ、ある程度水で洗った後、台所用洗剤を入れて、しばらくつけておきます。この状態でも、ガシャガシャと洗っておくと良いです。

私は数時間ほどつけておきました。こうする事で、ある程度ガンコな汚れも取れやすくなります。

さて、このようにキートップをつけ置き出来たら、キートップはしばらく放置しておいて、次はキーボードの汚れ取りをします。

キーボードの汚れを取る

キーボードの汚れは、綿棒とウェットティッシュで取ります。綿棒は、5本ほどあれば十分かと思います。

ただ、綿棒でやる前に、まずは裏返してパンパンと軽く叩くと、荒くではありますがホコリやゴミが取れます。

キーボードも電子機器ですので、あまり乱暴には叩かないでくださいね。

これはゴミ箱の上で作業するほうが良いでしょう。

(※上の画像は、さすがにゴミ箱を写すのははばかられたので、床に落としています・・)

荒くゴミを落とせたら、次に綿棒でホコリを取っていきます。ちょっと汚いので画像は小さめで。

キースイッチ配列の間を綿棒を移動させて、ホコリと髪の毛を取っていきます。

この時の注意点としては、キースイッチ内にゴミが落ちないようにすることでしょうか。そんなに簡単に内部に入る構造でもないですが、念のため気をつけて作業してくださいね。

もっと一気にやりたい方は、ダストブロワーでシュッとひと吹きしても良いと思います。

これなら一瞬ですね。

綿棒であらかたホコリが取れたら、仕上げにウェットティッシュで気になる所を拭いていきます。

だいぶ、キレイになりました!

ちなみにダストブロワー(エアー)でゴミを吹き飛ばす際には、以下に注意して下さい。

  • 使用場所。ベランダとかならいいかもしれませんが、ゴミを外に吹き飛ばすということに関して、賛否ありそうな気もしています。あと、洗濯物を干している状態ではやらないように注意!(笑)
  • 使用後のエアーの保管。割と市販の圧縮エアーは量がしっかり入っていて、使用後も残ることが多いのですが、残ると意外に困ります。夏場に暑くなるような室内に置いておくのも少し怖いですし、かといって勿体無いので捨てるのもちょっとな〜と思ってしまいます。

次は、放置していたキートップをすすいでタオルで拭いていきます。

スポンサードリンク