【日曜大工・DIY】着物タンス代わりの棚を作ったよ!

こんにちは!たーたんです。

先日、着物ケース棚を作ったのですが、この記事ではそのきっかけから完成までをまとめました。

かなりのボリュームの記事になっていますので、途中ページ分割しながら続いています。

お付き合いいただけるとありがたいです!

スポンサードリンク

作り始めたきっかけは、奥さんが着物教室へ通い始めた事

作り始めたのは、妻が着物の着付け教室に通い始めた事がきっかけでした。

教室に通い始めた事を機に、妻が着物を着始めました。

いいですよね〜着物。私も着せてもらいました!身が引き締まる感じで、癖になりそうです。

これで京都にお出かけしたい!

。。と話が逸れましたね。

妻が着物を自分で着れるようになったので、実家から着物をいくつかお下がりを頂きました。

また、洗える着物や練習で気軽に着れる着物を買ったり、

帯や小物類を揃えたりしていると、着物類の置き場が欲しくなってきました。

そんなある日の妻との会話。

妻:「そろそろ着物も増えてきたし、ちゃんとした置き場がほしいな〜」

私:「そうだね〜。普通、着物ってどこに置くものなの?」

妻:「実家では和ダンスに置いてたかなあ。あとは桐のタンスもよく使われてるよね。」

私:「和ダンス!桐!(高そう!!)」

着物タンスは高級品!

この会話をきっかけに、妻と2人でちょっと調べてみましたが、

いや〜、桐のタンス、とても良いお値段されますね。。

例えばこれ。

着物たんす【キャスター付桐チェスト隅金具付き 3段 HI-0042】 着物 たんす の通販【送料無料】

キャスターが付いていて、便利そうです!コロコロと出してこれるのは隙間に入れておく意味で便利そう。

キャスターが付いていないタイプでいくと、これとか割と安めです。

桐タンス 桐たんす 桐チェスト 3段 チェスト 総桐着物タンス 着物タンス 着物チェスト 衣裳タンス 総桐タンス 和 収納 衣類収納 衣裳 衣装 引き出し 国産品 日本製

どちらも1.7万円くらい、かかる値段のものですね。

うーん、3段でこの値段か・・・となったのは、正直な所。

着物ケースを入れる棚を作れないか?

という訳で、妻がダンボールでの着物入れを発見し、購入。これです。

【Aフロア】クラフト 着物 収納ケースクラフト 和装ケース[K-40]

軽いし、結構安い(1段で1500円しないです)。でもって、1ケースで桐たんすの1段くらい入るので便利です。ダンボール製だけど、そんなに柔らかすぎもしない。オススメです。

ただし、一つ問題が。

単なるダンボールの箱なので、重ねると下の層のケースを取り出しにくい・・

まあそうですよね。

という訳で、そのダンボールの着物ケースを入れられる棚がほしいとなりました。今後の事を考えると、ある程度、多く持つでしょうし、入れられるスペースも合ったほうが良いですよね。

となると、DIYですね。はい。

いいもの作りましょう!

さて、構想を練ります。

まずはそのイメージ出しのために、情報収集です。

スポンサードリンク

置くケースのサイズは?置き場所のスペースは?

棚を置く場所はすぐ決まりました(我が家はマンションのため部屋数も少なく、そんなに選択肢も無いので・・)。

置き方と取り出し方を考えると、ダンボールケースは長手側を引っ張って出すのが良さそうです。

また、ダンボールケースの大きさは、余裕目で見て1020mm × 120mm × 450mm。

これが入ればいいですが、奥行きの450mmは作り方によっては多少はみ出るのもありですね。

このケースと、置く場所の高さ(マンションの構造的に1800mmにしておいたほうが良い所に設置します)から、

何段置けるか・間はどれくらいのスペースにするかを決めていきます。

どういう構造なら安さと使いやすさが両立出来るか?

ダンボールケースを持ってみた所、たまに重いのもありますが、あまり重くありません。

これなら、板でガチガチに組むのではなく、骨+薄い板の方が安価に仕上がります。

骨に用いる角材は、今までの経験からして、ホームセンターに売ってる材料なら30〜40mm程度の厚みなら十分耐えられそうです。

その角材で骨を組んで、骨の上にベニヤを置いて、ベニヤの上にケースを置く構造がいちばん費用と強度のバランスが良さそうです。

骨の強度を気にして、何段かに1つ2本の骨にしようかと考えましたが、それだと費用が高くなるかと思って、ケチりました。

(ただ、ここは組み立て後に後悔することとなります・・)

スポンサードリンク

どんな材料にすればよいか?

ここでホームセンターに出かけます。

目的は、所望の木材がどのサイズのもので、いくらで売っているかの確認です。

その後、詳細な設計に入ります。

※たーたんは、通常は木材の調達はホームセンターで行っています。

 その理由を書いている記事はこちら!

近所のホームセンターで一通り木材を物色した所、今回の用途では骨については赤松KD一等材(35×35)が最も適してそうでした。

サイズは2m, 3m, 4mと3種類売っています。

長さについては、最も安く仕上げるために木取り図を検討する際に必要な情報です。

棚の間に載せる板は、4mm厚のラワン合板でいけそうです。

表面のつるつる度合いが気になりましたが、板を触っていると、割となめらかで、

ケースを滑らせて引き出せそうでした。

もし多少引っかかるようでも、市販の滑りテープを使えばなんとかなるレベル。

本当はお金をかけられるならシナベニヤが良かったですが、高いです。

次はこれらの材料をもとに、詳細な設計をしていきます。

スポンサードリンク