【レザークラフト・初心者】革を縫うための道具・糸と針の準備の仕方

こんにちは!たーたんです。

レザークラフトをやり始めたい、となった時に、いくつか知っておきたい基礎知識があります。今日はその中で、初心者の方向けに、革を縫うための道具と、糸と針の準備の仕方について記事にしようと思います。

また、色んなやり方があると思いますので、ネットで探した情報と違ったとしても、こういうやり方もあるのだな、と思って頂ければと思います。

スポンサードリンク

革を縫うための道具

革は糸と針で縫います。ただ、いきなり針と糸でグリグリ穴をあけて縫うわけではなく、目打ちという道具で穴をあけて、その穴に糸を通していく、という作業になります。穴あけについては、またどこかで記事にしようと思います。

さて、その目打ちであけた穴をどんどん縫っていくのですが、縫うための道具としてよく使うのは以下です。もちろん、厳密に以下の通りでなくても出来ます。

糸:エスコード 中細 生成(色は使う革に合わせたほうが良いでしょう。エスコードの糸は街の手芸屋さんでも売っており、足りなくなった時にすぐ買い足せるメリットがあります。これを使っておくと間違いないです)

針:クラフト社 手縫い針(針は細めや太めなどあります。あまり大きな使い勝手の違いは感じていませんが、作品が小さいなら細めがオススメです。鞄など大きな作品を作りたい方は太めが良いかと思います)

ろう:レザークラフト用のロウを買っておくと良いと思います。

糸切りハサミ:裁縫道具のもので構いません。

早速、縫うための準備をしていきます。

糸にロウを引く

まずは糸を針につけますが、その前に糸にロウをひきます。糸を丈夫にするためです。ただ、ロウ付きの糸や、プラスチック製の糸を使っている人はこの工程は不要です。

糸にロウをひく、と言われてもピンと来ないかもしれませんが、難しい操作ではないです。ロウに糸を押し付けて、

この状態で指で糸を押さえて、引っ張ります。

ロウに糸を押し付けた状態で引っ張ると、糸にロウが付きます。これでO.K.です。

ちなみに写真のロウは、使い込んで変形しています。商品を見た方は違和感あるかもしれませんが、使っているうちにこんな形になります。糸を引く事で摩擦熱でロウが変形してくるのですが、ロウの真ん中の方がよく使うため真ん中がへこんでいる状態になりやすいです。また、色付きの糸を使うと、その色が色移りします。気になる方は糸の色によってロウを変えると良いでしょう。

ロウを引いた糸は、特に糸の先の方は、縫う過程で何度も革にすれてロウが次第に取れていきますので、縫いながら気になった時に何度かロウ引きをすると良いでしょう。

スポンサードリンク

針に糸を通す

ロウ引きをした糸が出来たら、次に針に糸を通します。特に難しいことはありませんが、レザークラフトならではだな、と思う箇所がありますので書いておきますね。

まず最初に針の穴に糸を通します。これは普通にやればいいです。

通りました。裁縫道具の縫い針と比べると、心なしか針の穴が大きく通りやすいように思います。

次に、通した糸を伸ばしていきます。イメージ、これくらい伸ばすと良いです。

そして次に、伸ばした糸に対して針を刺します。エスコードの糸は麻糸が撚ってありますので、その撚っている糸の間に針を通す、というのが正確な手順ですが、プスッと刺す事でそうなるとも言えます。刺すと以下のようになります。

刺した所から糸の先まで短いと、撚っている糸が分解してしまいます。かといって長すぎると無駄な部分が多くなりますので、イメージですが糸の端から5cmくらいの所に刺せばちょうど良いように思います。

刺したら、刺した糸ごと、ずりずりと針の根元側にスライドさせていきます。左側の輪っかは、最初より多少小さくしておくほうが良いです。

そして、針の根本まで持っていきます。針の穴に通っている糸と、刺して入れた糸とが接する所まで来ます。

そして、刺してずりずりと持ってきた糸を、針の根本から、更に下に引っ張ります。こうすると、撚っている糸の間に針で刺した穴に、針の穴を通っている糸が輪っかを作っている状態になります。

このまま、引っ張った糸をそのまま引っ張り続けます。このように輪っかが出来ます。糸が、撚っている糸の間を通って針の穴を通っている状態になります。

ここで、輪っかそのものをぐるぐると撚ります。

これをもう一方の針にも行えば、縫う準備が完成です。

まとめ

針と糸の準備については、特別な事はそれほど多くはないものの、レザークラフトならではの要素も色々含まれていたのではないでしょうか。

楽しい世界だと思いますので、レザークラフト、ぜひ楽しんでくださいね!

スポンサードリンク