【レザークラフト】レザー名刺入れ(大)を自作(1)どんなデザインにする?

こんにちは!たーたんです。

少し前になりますが、革の名刺入れ(胸ポケットに入るような普通のサイズのものではなくて、鞄の中に入れておける大きいもの)を作ったので、

今日はその時の構想・デザインをどのようにしたか、についてお話しますね。

スポンサードリンク

大きい名刺入れ?なんで要るの?

最近、何だか出張が多いです。。

しかも出張の時って、とっても名刺交換が多くないですか?

なので、普通の名刺入れだけだと、すぐに尽きてしまいます。

私の名刺をもらってくれる人が、それだけおられるのは、よくよく考えるととってもありがたい事ですね!

ただ名刺が尽きるのはさすがに格好が悪いので、出張の際に名刺をたくさん持っていきたいのですが、

いいケースを持ってないんです。

うちの会社では、名刺が尽きた場合に紙のケースで配給してくれるのですが、

その紙のケースごと鞄に入れると、耐久面で問題がありますし。。

ということで、せっかくレザークラフトも少し嗜んでいることですし、

思っているケースを作ることにしました!

どんな名刺入れ(大)にする?

色々、思いを巡らせました。

まず思いついたのは、ぐるっと1枚の革で囲んで、側面を革で縫うパターン。

タテで入れる。

うーん、何だか量の変化に弱そうだな〜。

ガサガサ動いて、名刺が傷みそう。あんまりそれ良くないなあ。

あと、輪になってる所の長さを決めるのが難しいかな。

次に思いついたのは、1枚の革だけで入れる側を作るプラン。

展開図も合わせて考えてみたけど、これ、あんまり名刺入らないんじゃないかな・・

更に次に思いついたのは、最初のパターンの変形だけど、

ヨコ向きに収納するのと、上側はきつめに作ることで、量の変化にある程度耐えられる・・かもしれないパターン。

うーん、でもやっぱり名刺傷みそうだな〜。微妙。

という事で、紙の名刺ケースごと入れちゃえばいいんじゃないか?

と思い、次のプランを検討。

うん、これならしっくりきそう!

紙ケースの保護、という観点は無かった。最初、裸のまま入れるつもりだったし。

鞄の中に入れるので、入る所の押さえはガッチリしてなくても、ある程度大丈夫なはず。

サイズについて、最後の案で検討。

紙のケースの大きさに対して、どれくらい余裕をもたせるべきか・・

ケースは、ヨコ95mm × タテ53mm × 高さ25mm。

下側をぐるっと革でまわすような設計にするので、革の折れでの内側への入り具合も考えておかないと。

紙ケースの保護、と考えると、あまりサイズは攻めすぎないほうがいいか。

という事で、縦方向は+12mmの、65mmにした。

横方向はどうするか?ケースサイズ95mmに対して、端から3mm分の所にケガいて、

縫い目が仮に2mmとすると、2辺あるので合計10mm消費する。

という事は105mmは欲しい。余裕を入れると110mmにするのが良いか。

カバーの所の湾曲度合いがどれくらいの長さで行けるかなあ・・

これは難しいなあ・・何となく紙を曲げながら、曲線距離を測ってみる。

うーん、40mmあれば良い?でもきついとしまらないし、45mm分考えておこう。

というので、ラフではあるのですが、構想とデザインが出来ました。

さあ、作るぞ〜〜!!

製作・完成!編:どうやって作るの?に続く・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク