レザーのスリムB5ノートカバーを作ってみる!(3)どうやって作るの?仕上げは?

こんにちは!たーたんです。

会社支給のノートにビジネス感をプラス!したいと思って作り始めたレザーのノートカバー。

どういうカバーだったら使いやすいか、一通り考えましたので、今回はどんどん作っていきたいと思います!

製作の流れについては、以下を見てくださいね!

レザーのスリムB5ノートカバーを作ってみる!(1)どんなカバーにすると使いやすい?

レザーのスリムB5ノートカバーを作ってみる!(2)どんなサイズのカバーにする?

スポンサードリンク

最初に何をやるの?

作りたいモノのイメージが出来ていますので、まずは型紙を作ります!

型紙は、昔の名刺入れの時と同じく、工作用紙で作ります。

ごくありふれた工作用紙でも、十分使えますよ。

型紙は作った!早速革を切るの?

そうです!革に型を写して、どんどん切っていきます。

線を引いている時と革を切っている時に、革がズレないように、しっかり抑えておいてくださいね。

ちなみに今回は私は大丈夫でしたが、時々やらかします・・

ま、結局それが最終仕上がりにすっっごく影響するほどでもないので、味として楽しんでいます!(笑)

スポンサードリンク

革を切った!次は次は??

そして切ったら、トコ面をトコノールで整え、芯材と貼り合わせた後、菱目打ちで穴をあけて、どんどん縫っていきます。

順に説明しますね。

トコ面は、トコノールを縫って、ガラス板でスリスリしまくって、ツルツルにします。

とにかくこのガラスでスリスリします。

トコノールを塗ってスリスリ。塗ってスリスリ・・

ツルツルになったら、買っていた芯材と貼り合わせます!

貼り合わせるのは、内側に使う革のトコ面にします。

貼る位置は設計時に考えていた位置にします。

その際、少し革が余りますが、折り返して縫うために、接着剤で接着しておきます。

ここまで出来たら、縫う線を見えるようにするためにケガきます。

たーたんはこれを使っています。

さてケガいた後は菱目打ちで穴をあけて縫うのですが、使う道具はこちらです。

位置を決めて、どんどん穴をあけていきます。

その後、穴があいたら縫い針と糸で縫います。糸はロウ引きも忘れずに!

使う道具については、どこかでまとめたいと思います!

そして申し訳ありませんが・・肝心の縫っている作業を撮り忘れました!!www

・・すみません・・

作り始めると、作業についつい夢中になってしまい、写真がなかなか残ってないんです・・

これからはしっかり気をつけて行きたいと思います!!

縫ったあとは?

コバを整えます。トコノールをコバに縫って、↓の道具でコシコシとこすっていきます。

どんどん作品がキレイになっていくのが、うれしいですよ!

そしてついに・・

完成です!!

ちょっと最近サボっていたので縫い目は粗いですが、とってもいい感じです。

早速使ってみて、実際どうだったか、またレポートしたいと思います!

スポンサードリンク