史上最強の人生戦略マニュアルを読んで。現実主義で生きたいと強く感じる本

こんにちは、たーたんです。

今日は、以前読んだ本:史上最強の人生戦略マニュアル、で、とても感銘を受けた、

問題がひとりでに解決することは、絶対にない

という考え方について、お話しようと思います。

この本は、状況によっては、ともすれば劇薬にもなる考え方が多数ありますが、私個人の考え方としては大きな、前向きで良い影響を受けました。

似たような悩みをお持ちの方の力になれればと思い、本の紹介と、私が共感した事についてお話しますね。

スポンサードリンク

本のあらまし

この「史上最強の人生戦略マニュアル」では、アメリカの有名なテレビ番組の司会である、オプラ・ウィンフリーが、不当な事でメタメタに言われ、ボロボロになっている描写から始まります。

あまりに自分にとって理不尽な事が多々起きるため、彼女は相当、メンタル的にダメージを負います。

でも、そこに対して筆者は冷たく?言い放ちます。

問題がひとりでに解決することは、絶対にない、と。

いくら理不尽なことであれ、自分にとって問題であれば戦わなければならない。

そして自分が、それを問題として捉えて立ち向かっていかなければ、誰もそれをなんとかしようとはしないし、してくれることなんて無い。

理不尽かどうかなんて、関係ない

問題が理不尽かどうかなんて、関係ない。

それが自分に襲い掛かってくるのは、それが自然だから。

状況がこうなるようにしていたのは、あなただ。

あなたのせいで、この状況になったのだ。

そうすることが、彼らにとって得だから。

要は、自分が自分にとってそれを問題だと認識して、対処する行動をするかどうかが大切。

自分の人生は、あくまで自分のものであって、自分が管理・コントロールしていかなければならない。

誰かが何とかしてくれるものではない。

そのようなエッセンスが、一冊数百ページにわかり、しっかりと記載されている本です。

進撃の巨人の中で、ミカサ・アッカーマンが、世界は残酷なんだ、というのを思い出すシーンがありますが、なんだかそことも似た記述に思えました。

心の奥底にある、甘えに気づく

これを読んだ時、自分のココロの奥底にあった「甘え」のような考えに気づきました。

理不尽な事だから、この状況は何とかなってくれるだろう。

上司にとってもマイナスだろうから、いい方向に向かうだろう。

お金が無くなれば苦しむだろうから、家族も何とかしてくれるだろう。

今まであれだけ一緒にやってきた人たちだから、助けてくれるだろう。

日程が厳しいことなんてみんな分かっているから、理解してくれるだろう。

などなど。

そんな都合のいいこと、起きないんですよね。

自分にとって、都合がいいだけですもん。

心を奮い立たせて、自分から立ち向かっていかなければ、自分の人生がいい方向に勝手に向かっていくことなんて、そんなこと無い。

同じく進撃の巨人のエレン・イェーガー風に言うと、

「戦え!!!」

なんですよね。きっと。

スポンサードリンク

まとめ

本書はおそらく、ビジネスの自己啓発本としてのカテゴリなのだと思いますが、個人的には、軽度の精神療法向けの本だとも思います。

史上最強の人生戦略マニュアル」、オススメですよ。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

それではまた。

スポンサードリンク