こだわらない、ゆるい事で得られる平穏も大事

こんにちは、たーたんです。

この記事では、だいじな事とされがちな「こだわり」について、それを捨てることで得られる平穏さも有るよな〜と思うことについて、お話しようと思います。

「こだわりがない事」にある意味「こだわって」しまって、

悪循環になってしまう方に、参考になればと思っています。

スポンサードリンク

こだわりが大事にされる文化

私含めた日本人では、「こだわり」があることについて、とても良い感触を持っていますよね。

商品やモノの話でいっても、キャッチコピーを見ていると、例えば以下のように書いてあると、とても良い印象に思います。

「こだわり抜いた商品」

「○○にこだわって作りました」

私も、エンジニアの端くれですので、

そうやって意図的にいい意味でとらえてもらおうと、「こだわり」という単語を使う事も多いです。

この商品は、このようにこだわって作ってます、と。

開発としては、ここにこだわってますよ〜、と。

その方が、営業部門の方には伝わりやすいですしね。

日本が特に作り込みが美しいとされる文化なのか、世界的にもこだわりは評価されるのかは分かりませんが、

そう言われると商品の魅力が増えるように思います。

ドイツはマイスター文化なので、こだわりも大事なのだと思いますが。

「こだわり」という表現を使うことで、丁寧に作った商品であることが伝わりやすいとも思います。

「こだわりを持っている人」って魅力的に感じがち

ではそれがモノではなく人間で見るとどうでしょうか。

どう思いますか??

あくまで私の周りの数人に簡単に聞いて見た範囲で、ですが。

人間としても、「こだわりを持っている人」というのは、

魅力的に感じる傾向があるのではと思います。

単語の問題だけ・・という事でもないのではと思います。

自分の主義主張がはっきりしていて、芯がある状態、という事も、「こだわり」という単語で表しているのかなとも感じます。

とはいえ、人間としてのこだわりをあまりに持ちすぎていると、ただ単に鬱陶しい人になってしまいますよね。

「頑固」との違いは、そのあたりにあるのかもしれません。

そうではなく、バランスの良い、自分なりのこだわりがあると、「人生に芯がある人だよね」という評価をもらってるのを見ることが有りますし、私が他の人をみる時も、そう感じます。

とにかく、こだわりがある事は、私の周りでは良い評価につながる傾向にあるように感じますし、そのように感じられる方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

それに対して、自分は・・

それに対して、自分の性格的にどうかというと・・

そんなにこだわりって無いんですよね。

「これってどうしたい?」

といわれても、

「え、別になんでも良いんだけど・・」

と思ってしまうことも多いです。

部屋の模様もそうですし、家具やパソコン、ノート、スマホ、今日のお昼ごはん。

着ていく服、買う服、ネクタイの色、鞄。

仕事の進め方、相手先への接し方。

何とでもなるし、そこってこだわるところじゃないし・・

特にモノについては、別に使えればいいや、と思ってしまう事も多いです。

でもさ、こだわりがなくても、いいんじゃない?

全く意見が無いわけではないんですよ。

意見としては持ってても、それを前面に出していくかというと、そんなに言わなくてもいいかなと思ったりもします。

そういう状態だと、

「あなたのこだわりは何?」

と言われたりもしますが、、、

まあ、気にしなくて良いんじゃないんでしょうかね?

そう思いませんか?

絶対的に自分にこれ、というものが思いあたらなかったとしても、別にそれはそれでいいじゃないですか。

どうしても探したければ、手段として日記をつける事で見えるかもしれませんし、日記をつけてみた結果として無かったとしたら、それはそれで自分のアイデンティティなのではないでしょうか。

日記のススメは、以下で書いています。

日記のススメ。自分の思考のクセも分かるし、思った先にどうなってたかも分かる

また、やりたい事レベルで見つからない・・という方は、以下の記事も参考になるかもしれません。

やりたい事が見つからない。趣味がない。そんな時に見直すこと!

そういう自分を正当化するわけではありませんが・・

でも、そういうゆるさだからこそ、色んな状態や人を受け止められて、結果として、ココロの平穏さにつながる時があるように感じます。

こだわりを持たない事も、良いこと有りますよ。

それではまた。

スポンサードリンク