【日曜大工・DIY】玄関コートハンガーとして長押(なげし)を自作!

こんにちは!たーたんです。

今日は、我が家の優秀なコートハンガーとなった、玄関の長押(なげし)の作り方についてお話しますね。

なげし、なげし・・なげし??

なげしって何?ってなりますよね。

実は私も、玄関のコートハンガーを作ろうとして調べていて、初めてこの名前を知りました。

スポンサードリンク

きっかけ

長押を作ろうとなったのは、ある冬の日の妻との会話がきっかけでした。

妻:「何か、子どものコートとか上着類がなかなか片付かないんだよね・・」

私:「確かに。コートハンガーは部屋にあるけど、帰ってきた時に部屋まで片付けには行かないよねえ。」

妻:「ちゃんとそうして欲しいんだけどなあ・・」

私:「面倒だし、仕組みとしてもちょっと良くないかもねえ。」

私:「じゃあ、玄関に何かコートをかけられる、コートハンガーみたいなのがあればいいのかな?」

妻:「確かに!うーん、でもコートハンガーを玄関に置くような、いいスペースはないよねえ。」

私:「そうだねぇ・・」

長押、一言も出ず(笑)。

そう、この時には気づいていなかったのです。

が。

ある日。外に出かけていた時に、ちょうど壁掛けの家具を見ていて、気づきました。

これは!

まさか!!

これが求めていたコートハンガーではないか!!

ということで、「コートハンガー 壁掛け」等でググると、長押、という単語が出てきます。

ながおし?って思いましたが、なげし、と読むそうです。

ひとつ賢くなった!

どんなデザインで、どんなサイズにする?

という事で、早速デザイン・構想・設計開始。

はい、終わりました(笑)

だって、設計も何も・・

ホームセンターに、たまたま行く用事があった時に、それらしい厚みの素材を見て、

あ、これでいいか〜と思ったのが、46mm × 12mmの棒と、30mm × 12mmの棒。

玄関で置くサイズを測って(930mmあれば十分)、終わり。

さすがにこれなら、ホームセンターでカットしてもらわなくても、自分でノコで切ればいいです。

だって、切る回数、2回で終わりですよ?

カンタンですね!

スポンサードリンク

どうやって作るの?

製作も、とてもカンタン。

切る、ボンドで付ける、しばらく経ったらワトコオイル塗る&乾かす(オイルフィニッシュにするかどうかはお好みで)。

玄関に設置するものなので、雰囲気も大事かなあと思って、オイルフィニッシュにしました。

ただ1点、設置についてだけは、気をつけました。

設置はマンションの壁(ボード)に穴があいてしまうので、

中に電線が通ってないか、確かめました。

そして設置、完成!

いい感じです!

子供用と大人用と、2つ作りました!

いい感じ!しかも、とっても便利!

雰囲気も、それっぽく出来ました。

幅が930mmだと、コートは4つほどかけると、いっぱいになりますね。3つで割ときつい感じです。

でもこれで、家にお客さんが来てくれた時も安心。

狙い通り、子どももちゃんとコートと上着をかけてくれています。

良かった〜。

しかも実は、花粉症の対策としてもいいのです!

玄関でコートをかけるので、ここに空気清浄機を置いておけば、かなりマシになります。

たーたんは無類の花粉症なので、これはとても助かります。。

コートがうまく片付かなくて困っておられましたら、

ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク