【オクトパストラベラー】ネタバレしない範囲で知りたい概略ストーリー

こんにちは!RPGをこよなく愛する、たーたんです。

2018年に一番楽しんだゲームであるオクトパストラベラーで、各キャラのストーリーについてネタバレしない範囲で概略を知った方が、どのキャラを重視して進めるかを決めやすいと身近な人からあり、教えました。

もしかしたらそういう人もいるのかも?と思い、私なりにまとめますね。

全体の大きなネタバレはありませんが、概略どんな感じか・○章で急展開します、レベルは記載しますので、その旨承知の上で読んでくださいね。

サイラス

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

サイラスは学者で、とっても勉強熱心。

教える方もそうだけれども、自分の知的好奇心もとても強いです。

そして、図書館にも常連で入り浸っていますが、ある時、その書庫から1冊の本が消えている事に気づきます。

そんな書庫の本が1冊なくなっている事が気づけるくらい本には熱心ですが、異性からのアプローチには全く気づけない性格でもあります。

その書庫の謎を解こうとあれこれ動いているうちに、その性格が災いしてトラブルに巻き込まれ、教授ではありながらも本探しの旅に出ることとなります。

旅先でも基本的に本の行く末を追うのですが、単に本が無くなっただけではない事件である事が徐々に分かってきます。

特に3章で「やっぱり!」と思う所がありますが、4章まで進めると、他の人のストーリーや裏ボスにも通ずる情報が得られます。

テリオン

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

テリオンは盗賊。とにかく物を盗むのが得意で、フィールドでも盗めます。

そんなテリオンがある屋敷に忍び込みますが、その忍び込んだ結果、あるアイテムを集めることとなり、旅に出ます。

2章・3章・4章は、基本的にそのアイテム探しと盗みの旅となります。個人的にはその探しの過程で身を扮しているテリオンを想像すると、少し笑ってしまいました。

またその過程で、自分が過去に関わっていた親友の行く末も知ることとなります。これまた、単にアイテム探しの旅ではなくなっている事が、3章・4章あたりで分かってきます。

なんだかもの悲しいようで、でもハッピーにも思える、そんなストーリーに感じました。

オフィーリア

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

オフィーリアは心優しい神官。式年奉火の儀式を行う友人(姉妹)の側にいますが、

ある事件をきっかけに、オフィーリア自身がある目的のために旅に出ることとなります。

2章・3章・4章はその目的を果たす旅となります。

2章は穏やかに過ぎますが、3章から暗雲が立ち込め、ただ単にその目的を果たすための旅ではなくなってきます。

4章は、そう来ましたか・・と思うストーリー展開でしたが、最後は良かったのかな?と思いました。

人間の心は、もろく弱くもなってしまうな・・と思いますね。

オルベリク

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

オルベリクは国を失ってしまった騎士です。これってものすごく辛いのでしょうね。

自分が信じて守ろうとしていたものが無くなってしまった、というのは。

そんなオルベリクがとある村に身を寄せており、その村の自警団に協力していますが、ある事件をきっかけに、国を失った戦い関連でどうにも引っかかる、とある謎を解く(知る)べく、旅立つこととなります。

2章はその情報どりで、3章で大きく展開が動きます。苦悩しながらも意味をなんとか見出そうとするオルベリクは、カッコいいな〜と思います。

4章は他の主人公同様、裏ボスに通ずる展開になってきます。

トレサ

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

正直、いちばん気軽なストーリーですw

思いっきり自分探しをしながらも、そんな自分を見ながら周りの人の昔の思い出や目標を一緒に見出して幸せになって行く、そんなストーリーに感じました。

何章がどう、という感じではないですね。終始、穏やかにストーリーは過ぎて行くイメージです。

次のプリムロゼとは正反対です・・

プリムロゼ

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

正直、一番濃いストーリーです。

父親を殺した犯人を捜し詰める、復讐のストーリーが1章からずっと続きます。

元使用人、元庭師、元恋人など様々登場しますが、3章終了後になかなかの急展開を見せます。個人的には「え〜!!」という感じで衝撃でした。

そう来たか・・という展開ですが、プリムロゼ自身が幸せになってほしいな、そう思えるようなストーリーに感じました。

アーフェン

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

大陸中の人を救う、そんな目標を持って旅に出ます。

その目標の通り、各地で人を救って行きますが、その過程で、救い方や救う立場など、様々な人間ドラマが彼を待っています。

現代の社会でも、正義感の強い人は似たような葛藤を抱く事があるのではないでしょうか。いろんな「大人な」世界も交えてストーリーが進んで行きます。

実はアーフェンのストーリーは、ハンイットとも絡んでいたりもして、途中からその片鱗が見えてくるのが良かったです。見えてくるのは、サブストーリーを進めてからですが。

ハンイット

出典:スクウェア・エニックス公式サイト

1年前に師匠が旅だった後、森に現れた魔物を退治するところからストーリーは始まり、その魔物がなぜそこに現れたのか、その原因を辿っていく旅に出る事となります。

途中のストーリーは、やっぱりね、と思う所と、そういう流れ?と思う所がありますが、裏ボス含めて考えると、実は巨大な流れの一部だったんだなと思います。

そこは、4章クリア時点ではまだわからないので、裏ボスまで攻略することをお勧めします。

まとめ

上記がストーリーのあらましです。

いろんなキャラのストーリーは、最初から最後(4章)まで混じり合う事はないのですが、裏ボスで色んな背景が一緒になってくるのが、とても良くてお勧めですよ。

オクトパストラベラー、お勧めです。特にスーファミ世代の人。

あと、気に入ったとか、気になるストーリーのキャラは、主人公にしてしまってもいいかもしれませんね。

ちなみにおすすめ主人公はこちらで記事にまとめていますのでご参考まで。

【オクトパストラベラー ・攻略】主人公は誰にすると良い?

それではまた!

スポンサードリンク