会社だけでない自分の人生について見つめ直す。心の底からいいと思ってますか?

こんにちは、たーたんです!

今日は、自分が仕事を休むまで深く関わってしまった時の事について、自分の体験談をお話ししようと思います。

自分的には書くのも勇気の要ることではありますが、みなさんのお役に少しでも立てれば。

スポンサードリンク

プライベートと仕事が、どちらもきつい!

私の場合、休んだ時については、会社面がメインでしたが、プライベートも深く関わっていました。

仕事面では、まず単純にとても忙しかった事から体力面で削られた後、人間関係で精神面で削られていったところがありました。

以下に書いていますので、ここでは詳細は省きますね。

人間関係って難しい!疲れた?リセット?断捨離?自分が出来る事は?

合わない人とは、やっぱり合わない。そんな時に見直したい事。

プライベートでは、何か大きなことが起きたとかではありませんでしたが、上記のために日々の帰宅が遅かったり、週末に仕事に打ち込むあまり、家族のストレスが高まって、そもそも自分がプライベートで過ごす空間として家が居心地が悪くなってしまうケースが多々起きました。

家族は結構、私に気を遣って時間を取ってくれようとしていたのですけど、雰囲気でわかるものですよね。

そういう家族の気遣いがわかったのは日記を書いていたからなのですが。

日記のススメ。自分の思考のクセも分かるし、思った先にどうなってたかも分かる

休職するまでの仕事のスタンスは、とにかく全力

さて、そんな自分の休職期間中ですが、あまりに今まで仕事を一生懸命頑張ってきたので、そのスタンスについて考え直すこととなりました。

自分のスタンスとしては、倒れるまでは、こんな感じでした。

  • 仕事は人生のかなりの時間を消費するもの(私の勤めている会社は朝8時から、夜22時近くまでの勤務が普通です)
  • なので、そこでの充実がひいては自分の人生の充実にもなる
  • なので、その職場内での自分の立ち位置や時間の使い方はとても重要
  • なので、職場内での立ち位置をさらに良くするように頑張ろう
  • 自分が会社に勤め始めたきっかけは「社会の役に立つため」だから、そう言う私が会社の中でどんどん重要なポジションに行くことで、ひいてはそれが世の中のためにもなる

何というか、自分が頑張って会社に行っている事を自分に正当化して思い込ませるためにロジックを組んでいるなぁと、今となっては思いますが・・

結構、引いちゃうくらいの会社人ですよね〜・・

それでいいの?会社は守ってくれないよ?

自分に頑張って教え込んでいたとはいえ、ロジックとしてはそうおかしくないと今考えても思うのですが、ここで似た考えを持っておられる方がおられたら、ぜひ考えていただきたいのは、

「じゃあ、そうだったとして、会社は自分を守ってくれるのか?

「そんなに人生の大半を捧げたとして、会社は自分の人生に対して必ず良い影響を与えてくれるのか?

です。

投資について勉強して行くと、必ずでてくるのは、

一つのザルに全ての卵を盛るな

と言う考えです。

そう言う目で見て見ても、これは危険な考え方だと思いませんか?

ムッとされた方、もしおられたら聞いていただきたいのですが、否定はしていないです。

リスクがあるよ〜、と発信しているだけなのです。

ですが、このような意見をぶつけられた時に、リスクがあるよ〜と教えているだけなのですが、それもそうだな、と思って欲しいなと思うのです。

倒れる前に。

人生の全てが会社に入って行くようなスタンスを個人として取ったとしても、会社としてはそんなこと知ったことないですよね。

例えば、上記のことを身近な、懇意にしてくれている上司に言ったとしても、その人が自分に対する決定権を全て持っているわけではないですし。その上司も、会社にとっては、一つの駒でしかないのです。

ですから、会社は個人の人生については何にも関係しません。

上司としての視点で見てどうか?

復職してからも続けて、自分が組織の中で上司になる場面が増えていますが、やはり改めて考えて見てもそう言う場面に良く出くわします。

例えば特定のプロジェクトへの人員の追加であっても、あくまで、会社が会社として利益がどんどん出せるか、良い組織になるかと言う意味での選択肢であって、その人の人生的にどうなのかと言う観点はそこでは入ってこないのです。

しかも、その時にその人の人生に関する情報なんて、自分から知ろうとしない限りは殆ど入ってこないですしね。

少しは入ることもありますが、全体からの考慮度合いはかなり低めだと言うのは事実として言わざるを得ません。

仕事が楽しくてたまらない人は、全力でもいいかも

とはいえ、それでも今やっている仕事が楽しくて楽しくてたまらない、そんな人もいると思います。

いろんな職場があって、私はすべての職場を知っている訳ではありませんので。

特に自分の裁量が大きい職場で働けている人はそうかなと思いますし、私は実は、そういう人はとっても羨ましいな〜と思っています。

理想は、仕事と思わないような仕事を続ける事かなと考えてきていますので(あ、徐々に変わることもあるとは思いますけどね)。

スポンサードリンク

まとめ

会社を休んで、よく寝て本を読んだりゲームをしたりしながら、自分なりの仕事への向き合い方について良く考え直しました。

高い授業料でしたが、人生全体の進め方・考え方について、じっくり時間を取って考え直せる時間をもらえたのはとても良かったかなと思います。

もし同様のことで悩んでおられる方がおられましたら、ぜひ前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

と、かくいう私もまだまだ人生勉強中ですけどね。

それではまた!

スポンサードリンク