【ロードバイク】ロードバイクの始め方!何を準備すればいい?ヘルニアでもできる?

いきなりですが・・

ヘルニア持ってても、ロードバイク乗れるんですよ!

(ある程度回復してからでしたが・・)

そして、ロードバイク、めっちゃ楽しいですよ〜

腰も気をつけていればしっかり楽しめます。

こんなへなちょこな私でも、琵琶湖一周(160km)も3度走りきりました!!

いわゆる、ビワイチの大会に出て、しっかりリミット時間中に走りきりました。

大会と言っても、これ↑よりはマシな感じ。でもガチな人もいます。

・・という訳で(どういう訳だ・・)、

ロードバイクをあれこれオススメしたい訳です!(一緒に走れる仲間も欲しいですし!)

が、

ロードバイクって、どうやって始めるの?

と思う方もおられると思います。

ですので、まずは必要機材と、そのお値段感について少し紹介しようと思います。

スポンサードリンク

ロードバイクそのもの(車の10分の1くらいの値段)

何よりもまずは、ロードバイクそのものを買う必要がありますよね。

定期的にメンテナンスを受ける意味でも、

適当なショップではなく、ロードバイクのショップで買うのが良いと思います。

特定のブランド品のみを置いているショップでも構わないと思いますし、

いろんなブランドを置いているショップでも構わないと思います。

種類もあれこれあります(カーボン、アルミ、クロモリ、チタンなど)。

カーボンは軽いし、クロモリはしなるし、という剛性の話もあれば、

だからヒルクライマーはカーボンがいいとか、

ロングライド派はクロモリの方が粘って乗れるとか、

乗り方にも影響してくるような事も、モノの本には書いてます。

とは言いつつも、個人的には、そんな差異が出るほど本格的に乗ってから、

それを考え始めても遅くない!と思います。

ちなみに値段は冒頭に書いた通り、

だいたい車の10分の1くらいをイメージしておいてください。

なので、

車でいうと普通のコンパクトカークラス、でいくと10万ちょいくらい。

高級車になると、もちろん高いのはあって、100万超えたりする。

私はこれは買ってないですが、楽天で調べてみたら楽天でもこの値段帯のを売ってるんですね・・

やっぱコンポはデュラになりますね・・

(とか、始めるとすぐに語りたくなりますよ・・)

まずは乗って見ないと違いもへったくれもありません・・し、

10万しないものでも十分楽しめます(私のは10万ちょい下くらいです)ので、

買って乗ってみるのが良いと思います!

ヘルメット(3,000円〜)

ロードバイクやるなら、ヘルメットはマジで必需品ですよ!

楽しいですよ〜と言っておいて、いきなり怖いことを言うのも何ですが・・

この前、私のロードバイク仲間が、ついうっかりよそ見をして運転している時に、

サイクリングロードの凹みにとらわれ、見事に転倒・・

ヘルメット真っ二つになってました・・・

よそ見は恐ろしいですね・・

よそ見するのはダメですが、そんなの十二分にわかっている人でもしてしまうのです。

(本人曰く、鳥を見ていたそうです(笑))

マジで自分の身を守るために、ヘルメットは買って身につけておく必要があります

とはいっても、2万とか3万とか、そんな高いものを買う必要もなく。

3,000円くらいのヘルメットで十分実用的です。

私が買って使っているのは既に型落ちで売っていないので紹介できませんが、

例えばこちらと似ています。

とはいえ、高いのはやっぱりかっこいいですよ〜。

私はなかなか、手が出ませんが・・

例えば、いいなぁと思っているのはこちら。

そもそも何度も強打するものでもありませんので、

長く使うことを見越して買ってしまうのもありかもしれませんけどね。

私も、最初に買った3,000円のヘルメットを、かれこれ数年使ってますし。

ちなみに頻繁に落としている場合は、適宜買い換えてくださいね!

家に届いて見てみればわかりますが、発泡スチロールですから。

ドリンクホルダー(数百円〜)・ドリンクボトル(1,500円〜)

意外と忘れがちなのがこちら。

普通のペットボトルでもいいんですけど、専用のドリンクボトルの方が良いですよ!

キャップの開け閉めなしに使えるんです。

私が愛用しているのはこちら。

ロックさえ外しておけば、握るだけで飲めるという非常に便利なアイテム!

しかも保冷性も高い(夏はマジで助かります)

かつ、分解して洗える

値段も、普通の水筒と同等レベルと思います。

そして実は・・ソフトボールでも普段の外出時でも使ってます

だって便利なんだもん♪

オススメですよ〜。

というか、ロードバイク系はオススメアイテム多い・・

そして、このドリンクボトルを入れておくホルダーも準備しておきましょう。

私が使っているのはこのようなタイプのものです。

特にこの形なのは値段以外の理由はないですけど、

広くあいていると左右どちらからでも取りやすいので便利ですよ。

あ、まず落ちることは無いです。ご安心あれ。

ちなみに私はホルダーは2個つけていて、夏は2つともドリンクを入れてます。

冬は・・寒くてあまり水分を摂らなくても良いので、1個で十分だと思います。

ウェア(2,000円〜)

ウェアは(ウェアも)重要ですよ・・

夏用と冬用、どちらも用意する必要があります

夏は通気性重視+遮光アイテム。

冬は暖かさを重視しつつも、背中から熱を逃がせるようなウェアを。

夏のウェアの目安として2,000円〜と書きましたが、

冬はしっかり、高いのを買って装備した方が良いです!(実体験)

もしくは、冬はいっそ乗らないか・・

私が寒がりだからかもしれませんが、冬装備はしっかりした方が良いです。

こちらについては、別記事で詳しく書こうと思います!

シューズ(1万円〜)・ペダル(1,000円〜)

シューズとペダルは、ある意味セットです。

と言われると意味がわからないかもしれませんが・・

ロードバイク用のシューズの裏には、クリートと呼ばれる金具がついていて、

ペダルとロックできるようになっています。

ペダルとロックすると何が嬉しいかというと、

足を上にあげる時にペダルを上に持ち上げられる、という訳ですね!

(私、まだその恩恵に預かれているかどうか分からないくらいの初心者ですが・・)

なので、そのロック機構によって、シューズも決まります。

という意味で、ペダルとシューズはある意味セット、なのです。

でも、別に最初から特別なものを買わなくていいと思います。

ロードバイクには、買った時は最初はフラットペダル(通称フラペ)が付いていると思います。

フラペは、こんなやつです(持っているわけではないです、あくまで画像としてご覧ください)。

普通の自転車でもこういうペダルですよね。

このペダル(フラペ)の場合は、普通のシューズでいいです。

普通のスニーカーで構いません。

そして、最初しばらくはこれで良いかも。

私も最初は普通のランニングシューズでした。

ロードバイク始めたては、物入りですぐお金が飛んでいきますからね・・

シューズとペダルくらい、後回しでいいのではないかと思います。

私は、そうですねぇ・・たぶん通算100km走るくらいまでは、

ずっとフラットペダル+ランニングシューズだったような気がします。

そして、慣れて来たら、ビンディングペダル(ペダルとシューズをロックできるもの)にするのが良いかと思います。

憧れるので、すぐそちらに興味が行くかと思います(笑)

ビンディング方式には、いくつかあります。

ロードバイクで行った先で観光しようと思うと、多少なりとも歩きやすい靴がよくなりますが、

それを考えるとSPDのペダルとシューズが個人的にはオススメです!

こんな感じで、普通に街中歩ける雰囲気の靴がありますし。

が、ここは派閥があるところです(笑)

手袋(1,000円程度〜)

手袋も夏用と冬用を持っておくのが良いでしょう。

手にどうしてもウェイトを置くシーンも多くなりますので、手袋は欲しくなります。

こちらもウェアの記事を書く時に、一緒に書きますね!

サングラス(数千円〜)

ロードバイクをやっていると、長時間外にいる事になります。

となると、やはり気になるのは日焼け

男性の方は特に気にされている方も少ないとは思いますが、

シミにもなりますし、しっかりケアした方が良いです。

そして、シミは皮膚だけでなく、目の中にもできてしまうのです・・

それを防ぐのがサングラスです

しかも、目の老化も防げます。

普通のサングラスをかけられる人ならいいですが、私はメガネですので、

メガネの人にオススメのサングラスはこちらです!

このサングラス(オーバーグラス)はマジでオススメ

※フォント大きくしたくなるくらい、オススメ。

全然ずれないですし、視界も良好です。

少し値は張りますが(5,000円くらい)、車の運転用にも1つ買って、2つ持っています!

それくらいオススメです。

さっきから、マジでオススメ!ばかりですが、ほんと使ってていいものばかりです。

ライト(夜・トンネル)(1,000円〜)

ライトは夜のライドとか、トンネルを走る際に必要です。

最初はそんな所はあまり走らないと思いますので、要らないかな・・?

ちなみに私が持っているのはこれです。

フロントライトは、閃。

後ろはCAT EYEのリア用ライト。

どちらも、めちゃめちゃ明るい・・・

実はネットで噂になっていたので試しに買ったのですが、正解。

これは間違いなかったですね。

特にCAT EYEは、うるさいくらい明るいので、

つけるのに躊躇してしまうのが欠点でしょうか(笑)

パンク修理キット

最後にパンク修理キットです。

ケースに入れて、シートポストに入れて置くのが良いと思います。

こちらも、別途記事を書こうと思います!(あっさり)

スポンサードリンク

まとめ

あまりに長文になってしまったので(ついつい・・)、

別途記事を書く内容も出て来てしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

私は買う前にあれこれリサーチをする癖があるのですが、

こちらで紹介したものは、とある掲示板でかなり流行っていたもの

かつ、私が実際に試して、間違い無いと思ったものばかりです。

※一部、画像として使っているものもあります。

が、そう書いていますので、読んでくださいね!(笑)

それではまた。

スポンサードリンク