【ロードバイク】ロードバイクの夏装備!どれくらいちゃんと準備するもの?

ロードバイクは季節によって、装着する服がかなり違います。

冬は寒さ対策、夏は日差し・熱・脱水症状への対策。

特に夏は、日差しを避けるために薄着がいいのか、

それとも日差しを受けないために何らか着る方が良いのか。

わからない方もおられるのではないでしょうか。

記事の結論としては、着た方が良いという内容ではありますが、

その夏の装備について、私がどうしているのかを簡単にまとめます。

スポンサードリンク

夏で怖いのは熱と脱水と日差し

夏はとにかく暑いですよね。

あのうだるような暑さの中、ロードバイクで外を漕ぐわけです。

暑い中、ヒルクライムやロングライドをしていると、当然体も熱を帯びます。

ヒルクライムはとにかく頑張って上に行こうとしているので、そうなりますし、

ロングライドはそもそも動いている時間が長いため、体がすごく温まります。

運行速度がそれなりのスピードになっていると自分の発熱分は空冷されるのですが、

夏は日差しが強いのとそもそも外気も暑いので、

発熱分を空冷できるほどにはならないのが実感です。

あまりに熱がこもると熱中症にもなりますし、

汗をかきすぎての脱水症状も恐ろしいです。

腕と足の日焼け防止は大事

何も着ない方が良いのか、

それとも着る事で受ける日差しを少しでも減らした方が良いのか?

でいくと、私の実体験としては後者で、着る事で受ける日差しを少しでも減らした方が良いです。

後述するアイテムを装着した時の方が、

ロングライドで乗れる距離も長かったですし、

ヒルクライム時の疲れも少なかったです。

ですので、私は腕や脚にも何らか着用することをお勧めします。

着るとしても、目的が日差しを少しでも減らすこと・熱を減らすことなので、

  • 直接日差しを受けない部位をどれくらい増やせられるか?
  • その装備によって、熱がこもらないようにするにはどうすれば良いか?
  • 通気性をどう確保するか?

が、夏のロードバイク・サイクリング装備を考える上で重要かと思います。

夏は基本は半袖とレーパンですよね。

着るといっても春秋で着るような長袖のウェアはさすがに暑い。

レーパンは短いスタイルのものが多いので、となると、部位としては、

  • 腿から下の脚部分
  • 腕部分

の日差し対策が重要になってきます。

その目的で、ここ数年、パールイズミのレッグカバーとアームカバーを使っています。

とても快適なので、皆さんにもお勧めしますよ。

パールイズミなので、多少値は張りますが、

週末よく使っていても買い換える必要を感じないので、良い出費だったと思います。

ちなみに、レッグカバーはこちら(↓こんな感じのもの)。

アームカバーはこちらです。

冬用のレッグカバー・アームカバー(ウォームタイプ)もありますので、

お間違えないように!

(上のリンクから辿ると間違いないです)

なるべく通気性の良い服で

また、安くても構わないので、上下のウェアは通気性の良いものを選びましょう。

普通にロードバイク用のウェアを買えば、通気性は良いとは思います。

ロードバイクで行った先で散策をする!という目的の方もおられますが、

なるべく街中でも使えるような服を選びたい場合は注意してくださいね。

評価が良いのはこういうタイプですね。

ただ、私としては少し高いな・・と感じますが、

街中でもそのまま歩けそうなくらい、普段着にできそうな見た目ですよね。

他にも色々アイテムがあるようですので、気になる方は調べてみるのも良いかと思います。

サングラスは必須!

以上、主にウェアについてお伝えしましたが、大事なことを。

サングラスは特に夏は必須です。

かけてなくても、大丈夫だよ〜と思いがちではありますが、

目が日焼けしてしまいます。

飛散物から目を守る役割もありますので、長く楽しむために、必ず装着しましょう。

すでにメガネを使っていてサングラスをかけられない・・という方も、

オーバーグラスなら問題ないです。

私はこちらのオーバーグラスを愛用しています。

これはマジでお勧めです!

車の運転用にもさらに一つ買いました。

知人にも勧めた所、購入し、大満足のようでした。

大概のメガネは装着できると思うので、一度試してみてはいかがでしょう?

ロードバイク以外でも使えますよ!

あまりに暑い日は無理して走らない

また、夏はあまりに暑い日は走らないのもポイントです。

大会に出るので練習・・とかなら仕方ないかもしれませんが、

私のようにファンライドで楽しんでいるライダーの人はなおさら。

はまり始めたらいつでも乗りたくなりますが、体調は大事ですし、

長く続けたいなら無理して走らないことも大事です。

大概、無理して走ると事故につながっていますし、

自分が楽しめる範囲で、楽しみましょう!

スポンサードリンク

まとめ

オススメの夏の装備についてお話ししました。

特にアームカバーレッグカバーサングラスは必須だと思います。

ぜひ身につけて、楽しいロードバイクライフを送ってくださいね!

それでは。

スポンサードリンク