レザーのスリムB5ノートカバーを作ってみる!(1)どんなカバーにすると使いやすい?

こんにちは!たーたんです。

今日は、レザークラフトでスリムB5ノートのカバーを製作しましたが、どんなカバーにすると使いやすいか?イメージした内容についてお話しますね。

スポンサードリンク

何で作ろうと思ったの?

私はよく、コクヨのキャンパスノートを使っています。

なぜこのノートを使うのか、あまり深く考えたことは無いのですが、

会社で支給されるノートと同じなので、慣れてるから、というのもあると思います。普通に慣れているって大事!

あとは、趣味ではツバメのフールス紙のノートも使います(A3)。こちらは書き味が良いですが少し高め。

話をコクヨのノートに戻しますと、もちろん普通に快適に使えるのですが、気になる点が。

それは、会社や出張で使う時に、ちょっとビジネス感を足したいな〜、という事。

なにせ、「キャンパスノート」ですから、ざっとラフに書くにはいいのですが、例えば打ち合わせの時にサッと出す時に、もう少し自身を持ちたい!

よく使うのは使うので、もう少し箔のついた感じにならないかなあ、と思ったことから、

じゃあ、ノートカバー作っちゃえばいいじゃない!面白そうだし!(いつもの流れ)

という訳で、作ることにしました。

どんなカバーにするのがいい?使いやすい?

思い立ったら、まずは構想です。

作ろうとして色々考えていると、ふと思い出しました。

よく展示会にも行ったりするのですが、その時に広げて使おうとするとメモが取りにくいんですよね。

ノートがふにゃってなっちゃう。

なので無理やり二つ折りにして使っているのですが、それだとノートの間がすぐに破けてしまうのです。

という訳で、芯材を使って強化する事に決定!

当方、初!ですが、まあ、なんとかなるか。

スポンサードリンク

芯材には何を使う?革の厚みは?

でも芯材って何があるの?というのを調べるところから・・

色々調べてみると、ボンテックスとベルポーレンなるものが良さそうです。色々あるんですねえ・・

ノートカバーですし、プラスチックとかになると行き過ぎ。

しかもに種類があるようなので、これはぜひ現地チェック!

という事で、レザークラフト店に行って、調べてみました。

うん、ボンテックスなら1mmが良さそうです。

何というか、こればかりは直感みたいなものですが、これがいちばんバランスが取れてそう。

そして同時にベルポーレンも調べてみましたが、ノートカバーの芯材としては、

もう少し固さがほしいな、と思う感じでした。

という訳で、芯材は決定!

革は、同じタイミングでレザークラフト店に行って革を触らせてもらった感じ、

外側は2mm、内側は1mmが良さそうです。

外はある程度がっしりした方が良い、内側は薄めが良い、という訳で。

よし、これでイメージは出来ました!次は設計です。

どんなサイズにする?に続く・・

スポンサードリンク