【DIY・日曜大工】1000円で作る小さなスツール。デザインと作り方は?

こんにちは!たーたんです。

玄関先でちょっと座りたい、ちょっとした植物をスツールに載せて飾っておきたい等、かわいくて小さなスツールがあればなあと思うことってありませんか?我が家では何度かそのような話題が上がり、自分で作りました。

ここではそうして作った、1000円で安く作れる小さなスツールについてお話します。

スポンサードリンク

デザインとサイズは?

きっかけとしては、ちょっとした事でかつそれほどお金もかけずにすぐ作りたかったので、手持ちのあり合わせの端材で作る事を考えました。

我が家は玄関の靴箱の下に、以下のようなスツール類を収納しておける小さなスペースがあります。おおよそ300mm程度の高さのものであれば、収納できるスペースです。

ですので、サイズとしてはその高さ以内と考えると300mm以内、スツールであって欲しいので、奥行きと幅がほぼ同じになるように設計します。

奥行きと幅については、2×4材を座面に使う事を想定(理由は端材で余っていたからです。ここは皆さんそれぞれで背景異なると思います)すると、幅は89mm × 3 = 267mm。それピッタリで作るのは切るのが難しいので長さは265mmとします。

脚はある程度太めであれば棒状が良い(2×4材のみで作るとゴツくなります。テーブルと椅子の教訓ですね)ので、38mm x 45mmの棒を使いました。高さは300mm以内に抑えたいので、ギリギリを狙いすぎず290mm程度で。となると、2×4材の厚みがあるので棒の脚の長さは250mm程度がちょうどいいですね。

ただ、このような設計はご自身のの環境により異なって来る所だと思います。例えば似たような背景で端材があったとしても、スツール座面がフラットな板に出来るなら、脚は丸棒とかでも構いませんよね。座面を丸くすると、更にスツールっぽさが増すので良さそうですね!ただ、切断に糸ノコが要る事にはご注意下さい。

さあこれでデザインは出来ました。構成としてはとてもシンプルかなと思います。早速、作っていきます!

スポンサードリンク

作り方は?

シンプルな設計になっているので、作り方もシンプルです。木は必要な材料が揃っていて切られている、という前提で話を進めますね。

まず、脚をくっつけます。最初なので、木工用ボンドとかで構いません。

このようにすると、脚のセットが2つ出来ます。

完全にくっつけさせる前に、ハタガネで固定した状態で直立させてみて、グラつきがないか確認しましょう。この手の脚モノは、完成後にグラつきが出てしまうと、その修正はとても気を遣います。

あとはこの脚のセットに対して、座面となる2×4材を置いていくだけです。

固定はコーススレッドで行いました。その方がカンタンかつ、それほど強度も必要ないためです。

完成は?フィニッシュは?

という工程を経て、小さなスツールは完成しました。

今回は作品が小さいという事もあり、ツルツルにオイルフィニッシュで磨いています。やはり小さいと塗るのも磨くのもやりやすいですね!

また、今回はコーススレッドで固定していますが、少しだけ穴を掘っておいて、そこにコーススレッドトップを隠すようにしています。これはこれで仕上がりが綺麗でいいですよね。

使用感は?

実際に使ってみてどうだったかというと、やはり意図通りのサイズなので使いやすいですよ。

まず、玄関の下駄箱下に収納できる。こういう、隙間にきちんと入れられるというのはとても気持ちがいいですね。

冬は玄関のマフラー・手袋置き場として、このスツールの上に竹編みのかごを載せています。家の中まで持って入るようにすると、片付かないから玄関で閉じている方が使いやすいんですよね。

また、ちょっとした踏み台にもなります。下駄箱の上の方に置いた靴を取ったり、上の方にしまっている靴磨き用品を取り出す際にも便利です。

逆に欠点・・というか想定とは違ったことについてですが、思っていたよりも玄関で座るというケースは今のところまだないですね。

要因は作品のせいではありませんが、座るなら靴紐を締めるためにさらに前かがみになる必要があり、それならいっそのことしゃがむほうが使いやすかったからです。

まとめ

安価にかつカンタンに、小さなスツールを作れる事について紹介しました。

もしビビッと来た方がおられましたら、是非、作ってみてくださいね!