【ソフトボール・ピッチャー】自宅でのピッチング練習方法!簡単に出来る方法は?

こんにちは!草ソフトボールチームでピッチャーをやっている、たーたんです。

特に社会人になってからだと、仕事が終わってからのようやくの自由時間なので、なかなか、思ったような練習ができない・・と嘆いている方も多いのではと思います。

私も大人になってからソフトボールを始めた身なので、なかなか難しいな、と思っていました。家に庭があればいいのですが、我が家はマンション生活なので、なかなか夜にピッチングができる場所もないですしね。

とはいえ、安西先生の教えもありますので(諦めてしまったら・・)、試合終了にならないように、日々コツコツと努力をしました。

・・・もちろん、ずっと毎日ではないですけどね!よくビールを飲んでしまう日も多かったですけどね!

その、私が少しずつやっている事について、ここでは共有しようと思います。

スポンサードリンク

シャドーピッチング

基本ですね。とにかく、ボールも何も持たずに、フォームを繰り返します

繰り返す時に、私は自分が苦手なところを特に意識してやっていました。具体的には、以下のような項目です。

体のお腹近くでのブラッシング

KeithJJ / Pixabay

最後までボールを投げる事を意識したフォームでありながらも、横に腕を動かしながら、ブラッシングする練習をしていました。おかげでかなり矯正できました。

以前はよく、体の側面でのブラッシングとなり、開いてしまうフォームになってしまう事でコントロールがつきにくかったのですが、ブラッシング位置について色々調べてその通りにシャドーを繰り返す事で、かなり改善されました。

とはいえ、今でもまだまだコントロールは課題なので、今でもやっぱりシャドーは大事だなと思ってやっています。

駅とか歩きながらとかやっていると、ただの怪しい人ですが・・

ステップ

ElisaRiva / Pixabay

ピッチャーになりたての最初の頃は、踏み出し足が最初に動いてしまっていたため、審判の方からよくイリガリーだと言われていました。

イリガリーだと言われた時の直し方については、「イリガリーと言われた!違反投球の直し方は?」に書いていますので、こちらもご参照ください。

それでも私の投球がヘボくてチームが弱かった時は、試合が終わってから注意を受けていただけでしたが、そうも行かなくなり試合中にも色々注意を受けるようになってきたので、踏み出し足のステップの仕方について、シャドーで練習していました。

足の最初の向きをどうするのか(横にかなり向けておくか、まっすぐにするか、斜めにするか)を考えて自分にアジャストしていったのは、とても良かったですし、イリガリーもなおりました。

肘の先〜手首の使い方

藤原初男さんという人のビデオを見ながら私は勉強していたのですが、その時に肘の先の動きについてかなり指導されており、その真似(練習)をしていました。

肘の先をバイオリンを持つようにひねっておいて、そのひねりをブラッシングの時に合わせてスナップにするようなアイデアで、それそのものはとてもおもしろくてしばらく試していましたが、実際のコントロールに結びつく結果にはなりませんでした(それに気づくのに2年ほどかかりましたが)。

でも、その考え方そのものは取り入れて(程度を緩めて応用して)、今のフォームに至ります。

ちなみに今は藤原初男さんのビデオは販売されていないようですね・・

ピッチングはどうやって学べがいい?基礎が知りたい人はどうすれば良い?」の記事に少し教材関連の事を書いていますので、類似のものを探しておられる方はご参考まで。

軸足に重心を乗せる

YouTubeを見ていると西村さんのピッチング指導の動画があって、軸足に重心を乗せる(置く)、という考え方があったので、そのフォームの真似をしばらくしていました。

この動画は、とても勉強になりました。

西村信紀さんのピッチング指導(1)(2017.11.1)
西村信紀さんのピッチング指導(2)(2017.11.1)
西村信紀さんのピッチング指導(3)(2017.11.1)

腰のひねり(入れ方)

バッターに対して垂直方向の向きで投げるんだよ、と本でも動画でも紹介されることが多いですが、とはいえスローモーションなどを見ると全部がそうなっていることはなく、しっかり最後は前を向いていますよね。

リリース時には腰を入れていく必要がありますが、そのタイミングや度合いについても、シャドーでかなり練習しました。

スローモーション動画については、西日本男子リーグの動画を「2018年男子西日本リーグ戦を観に行きました!」に載せていますのでご参考まで。

タオルを持ってのフォーム確認

最初の頃の2年くらいはよく、コントロールが付かない状態でした。

コースも高さもブレブレ。

かなり悩んで、ピッチャー向いてないのかなと思いながらも日々少しずつ努力してました。

そんなある日、タオルを持ってシャドーをやって見ると良いと本に書いてあったので、それを試すと、とっても自分のフォームが歪んでいることがわかりました

タオルの端を持って、単に投げるフォームを一通り繰り返すだけです(ただし鏡の前で)。

すると、タオルが描く軌道が、結局は自分の腕の軌道にほぼなります。

ある程度早く動かさないと理論上はなりませんが、実際結構早いですので大丈夫です。

私の場合は、体の内側に手が入りすぎる癖があることが分かりました。

そのために、腕が降りてきた時にベースに対して腕が体の後ろの方にあってしまうので、前に持って来る際に自然と出て来ず体側を乗り越えるようになるため、ボールの軌道が歪んでしまって、結果としてリリースポイントが定まりにくくなり、ブレてしまうんだなと理解できました。

理由がわかると修正ポイントもイメージがつくので、あとは反復して身につけていけばよくなりますよね(それが辛いですが)。

そのポイントがわかるためにはありがたいトレーニングだったなと思います。

トレーニング(筋トレ)

あんまりこれはやらなかったですが、スクワットなど下半身のトレーニングと、握力のトレーニングはしばらく続けていました。

やり過ぎると週末の練習が筋肉痛で厳しくなったり、筋肉に疲労がたまった状態で週末を迎えることとなり、フォームがあまりよくない状態で投げることが多くなり逆効果に感じたので、一定量やったらやらなくなりました。

今となっては、それでも良かったのかなと思います。

ガチで高速な球を投げたい方は、必要かなと思います。

鏡の前でのフォーム確認

nicolagiordano / Pixabay

これはとても効果がありました

結局シャドーもタオルを使ってのフォーム確認も、実際にどうなっているのかを見るしかないですよね。

というか、見ないで続けていると、誤ったフォームで固定されてしまうように思います。

実際のフォームを見ながら、YouTubeやビデオで見るフォームとの違いを認識しながら、もっと角度はこうかな?こういう動きをしないといけないかな?振り上げる手の後ろへの入り度合いはこれくらいかな?などなど、試す中で、固定すべきフォームや、力の入れ方が分かってきます

わかったら・・・あとは繰り返すだけですよね!(それがきつい)

靴下を丸めて投げてみる

家の中でボールを投げるのは、マンションだともってのほか!(持ち家の一軒家でも厳しいですよね)ではありますが、ガチで足を踏み込んでの投球動作にしない限りはこの方法もいい練習になります。

特にソフトボール用の長い靴下を丸めると結構大きなサイズになりまして、それがいい感じのソフトボールっぽいサイズにできます。

これを、カーテンや立てかけた布団に向かって、とにかく投げる。

その時に、紙の真ん中に丸を描いて、カーテンに貼り付けて、マトにすると良いですよ。

ピッチャーなんて、的当てみたいなものですしね。

イメトレ

あとはひたすらイメトレです。

成功するイメージというよりは、理想のフォームはこうだよね・・というのを頭の中で反復します。これなら、会社でもできますね!(ぉ

イメトレって結構大事で、それができるくらい理想のフォームを何度も見て、それがいいなと思っていたら、意外とそのフォームに近づいていくものですよ。

とはいえ体つきも若さも違うので完璧に一緒にはならないですが。

スポンサードリンク

まとめ

自宅で少しでも練習したい!と思うソフトボーラーも数多くおられるのではないでしょうか。

上にあげた方法で少しでもその練習のお役に立てれば嬉しいです!

それではまた。

スポンサードリンク