復帰直前にリハビリのために近所のホテルにプチ宿泊してみた

こんにちは、たーたんです。

今日は、私が会社を休んでいる間にリハビリとしてやった事、近所のカプセルホテルにプチ宿泊したことをお話しようと思います。

あまり大きな声では言えないお話かもしれませんが、似た状況下でお悩みの方のヒントに少しでも慣れればと思い、記事にしようと思います。

スポンサードリンク

リハビリを続けて、外に出るのに慣れる

倒れてしばらくは、この記事で書いている通り、朝から晩まで寝て、気力が出てきたら好きな事をして・・というように過ごしていました。

会社を休んでいる時にやって良かったこと。とにかく寝る。好きな事をやる。

そんな中で本を読んでいたのですけど、本はわざわざ買うと高い(当時はキャッシュフローが減るばかりだったので・・)ので、お金をケチって図書館に行って本を読んでました。

所属してる自治体の図書館の本は読み飽きたので、隣の自治体の図書館でカードを作ってもらって読んでましたよ。

公共図書館は、実は誰でも貸出カードを作れる、事がある

図書館に何度か行く事を続けてみて、そして朝から晩まで図書館に居続けて本をよむことに慣れてきて、外に出る事に、次第に慣れてきたなあと思った時。

この調子で行くと、あと少しで会社に復職するなあと感じた時に、少しだけ、外に長く出る練習として、近所のカプセルホテルにプチ宿泊してみました。

復帰後に早速、出張がある?

私の部署は、たまにですが出張があります。

会社への復職が決まる前に、上司と面談した際に、復帰後に出張はやはり継続して発生しそうだ、というのを聞いていました。

なので、ある程度復帰後にしばらく経った時でもそれに耐えられそうかどうかを測るためにも、何かしらの宿泊施設に泊まってみて、違和感が出ないかどうかを確かめたく思ってました。

いや〜、しかしまじめですね。今思い返してもほんとに。そこまでするなんて。

もっと気楽にすればいいんですけど、ちゃんと復帰したかったんだと思います。

実際、復帰後の月末に一度、二ヶ月後に一度、三ヶ月後には海外出張が入りました。

宿泊のリハビリにはお金がかかる・・

ただ、普通のホテルに泊まるとなると、高いじゃないですか。

ビジネスホテルとかでも、7000円〜8000円弱くらいしませんか?

しかも最近は来日観光客が多いためか、ホテルがやたらと埋まっていて、宿泊先を予約するのですら精一杯です。

最近だとAirbnbがあって、値段的にもメットする所があるかもしれませんね〜。

そんな中、当時はまだ、カプセルホテルなら空いていたのと、カプセルホテルなら安かったので、トライしてみることにしました。

また、リハビリであることから、無理があってはいけないので、だめだなと思った時にすぐに帰れるためにも、家の近くで泊まることにしました。

なので、近所(といっても数駅は離れていますが)のカプセルホテルを見つけて、楽天トラベルで予約して、1泊してみることにしました。

宿泊準備を、着々と

準備をしている中でも、特に緊張することはありませんでした。

いつも図書館に行く準備に加え、着替えとスマホ充電器を持っていくくらいでしたし。

別にヒゲが多少はえてようが、問題ないですしね。

でも、そもそもカプセルホテルが初だったので、どんな場所なんだろう?と思って、いろいろ事前に調べましたが、結局ホテルによって違うみたいですね。

気にせず、もう行くことにしました。

泊まってみてどうだった?

ホテルに着いても、システムになれないのでそれを把握したり、ホテル内の施設を興味深く色々見ていた所、あっという間に眠くなって、いつの間にか寝ていました。

結果、外に出ることが普通になっていれば、特に問題ありませんでした。

何かにドキドキすることもなく、隣がどうと気にすることもなく。

のんびりお風呂につかって、その後マンガをのんびり読んで。

宿泊費も3000円弱とかだったので、費用的にも問題なく、いい練習になりましたし、自信にもなりました。

復帰に際して、その経験が本当に必要だったのか、今となっては分かりませんが、とてもいい経験になりましたし、復帰に向けて自信がついたことは確実ですね。

調べてみてると、休んでいる途中に旅行とかに行かれる方もおられるんですね。

自分はそこまでの思い切りは無かったなあ・・

と考えると、どこまでも真面目根性が入ってしまってる自分が、少し悲しくもなってきますが(泣)

スポンサードリンク

まとめ

復職に際して、不安が多くて、また元通り・・とはいかずとも、自分なりにやっていけるのかな?と不安になる方も多いと思います。

少しずつでいいので、「以前の自分なら出来ていたけど今やるならドキドキする事」をやっていけば、不安も少しは和らぐはずです。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

それではまた!

スポンサードリンク