【DIY】自宅をバレエスタジオ化!?ミラー・バー・リノリウムは?やってみての課題は?

こんにちは!たーたんです。

今日は、自宅のリビングが徐々にバレエスタジオ化してきている・・のですが、我が家で導入した道具について、お話しようと思います。全国のバレエダンサー、及びそのお家の方々の参考になればと思います。

スポンサードリンク

きっかけ

我が家ではリトル・ダンサーがおりまして、小さいながらもとっても頑張って練習しています。

私も奥さんも、バレエはシロウトでかつ、観に行ったことも無かったのでいきなり習い始めると言い出した時は、何が起きたのか全く分かりませんでしたが・・。

親としては絶対やらせたい・続けたい・こうなってほしいという気持ちやこだわりは持っていませんが、本人が一生懸命やっているので、少しでも力になりたいなと思って、自宅で出来る道具を色々探したり、導入したりしています。

導入した器具

という背景のもと、自宅レッスンのために、色んな器具を導入しています。導入した器具について紹介しますね。また、実際に導入してみてどうだったか?もお話します。

バレエバー(バースタンド)

記事にも書いていますが、こちらは木で自分で作りました。購入するとだいたい数万くらいはするようですね。その分しっかりしたものになるのではないかなと思います。

木で良かったのは、まずその軽さです。子どもでも持ち運び・準備が出来て、仮に足の上に置いたとしても大怪我にならない。そういう意味で良かったです。

ただ、やはりその分弱いというか、軽すぎるということはあるかもしれません。私にはその感覚が無いため子どもに聞いてみると、それほどでもないようですが、本格的なバレエダンサーの方にとっては物足りなかったりしないかなと思います。

あと、よくコートハンガーや洗濯物干しになってしまい、練習に使いづらいという事もあるかもしれません(笑)逆に奥さんにとっては、助かっていたりも・・するのかな?

同じスクールの知り合いでは、廊下に手すりを設置して練習している方もおられるようですよ。廊下など壁の有る所での練習になってしまう一方で、わざわざ出してこなくていいので練習しやすいかもしれません。何より作る手間が少なく、手軽ですしね!

スポンサードリンク

フィルムミラー

バレエスタジオには必ずあると言っていいミラー(鏡)。でもスタジオにあるとはいえ、家に気軽に置けるものでもないですよね。何しろ高い!し、硬いので地震とかで落ちてくると怖いです。リビングが鏡の破片まみれになっても困りますし・・

というので探していると、フィルムミラーというのがあるんですね。軽いので安全そうです。色々探して、実際に我が家でも購入・導入しました。結局ちょっとお高いのが玉にキズですけど・・

フィルムといえど、きちんと接地すれば枠がしっかしているので特に歪みなどもありませんし、しっかり鏡として使えますよ。そして、接地時に持ってみた感じ、たしかに軽かったです。倒れてきても怪我はしないだろうなと思う重さでした。

我が家では大きめのサイズにしたのですが、そうすると、近所の子どもが遊びに来た時に向こうまで空間があると勘違いして激突したり(笑)、興味本位で触ったり(フィルムなので強く触ると破けます!我が家ではかたが付いてしまいました・・危うく破ける所でした)と、いわゆる普通の子どもには刺激の強いアイテムです。アクリル板でガードしようかなと思ったのですが、ある程度のサイズになるとアクリル板は高いですしね。

そういう、不慮の事故?にご注意くださいね。

リノリウム

リノリウム・・と聞いて分かる方は、バレエ界の人だけではないかなと思います(笑)床にひくシートのようなものですね。我が家で実際にひいている状態はこちらです。

家のリビングはフローリングなのですが、ひいてないと、どうも滑りすぎるようで練習しにくいと話しています。ごめん、全然わかんないその感覚(笑)

探してみると、リノリウムも色々有ります。リノリウムを固定するテープもあるそうです。うちはサンプルを取り寄せてみて、子どもに触ってもらって、慣れている方に近いもの(これ)を導入しました。

実際、導入してみると、練習もはかどりやすくなったようです。ちゃんとバレエシューズを履いて練習しています。床ひとつで違うものですね。

バランスブロック

バランスブロックは、いわゆる体幹を鍛えられるアイテムです。よく片足で立ってバランスを取る練習をしています。使い古していますが、我が家の今の状態はこちらです。

モノとしてはスポンジとクッションの間のようなもので、グニグニ曲がります。なので真ん中にしっかり脚を置かないと、端の方に行くと柔らかくて、削れてしまいます。ちなみにこれはバレエをやっていない私や妻も、この上に立ってバランスを取る練習に使えます。

実際、我が家のバランスブロックは少し削れてしまってますね。ご注意下さい。

ターンボード

ターンボードは、ピルエット(くるくる回るワザの名前です)の練習のためのアイテムです。

映画「ファースト・ポジション」でも使われていましたが、確かにこれで何度か練習していると、回る感覚を掴めるのか、ピルエットが上手になったようにも思います。

毎日ずっと使うアイテムかというとそうではないですが、何もわからない親からすると、あると便利系なアイテム・・っぽく見えます。

筋膜リリース用のローラー

バレエの動きってめっちゃハードですよね。

どう考えても筋肉をほぐしてないとすぐに怪我しそうなので、筋膜リリース用のローラーを購入して使ってます。

バレエの実力はまだまだな子供のいう事で本当かどうかは分かりませんが、やった後は「足が細くなった」と言っています。

それを見た奥さんも言っているので、血流が良くなると足も細くなるのかもしれませんね。

課題

以上が導入した器具ですが、それでも解決できない課題たちはあります。

ジャンプ出来ない

最も大きな問題は、我が家はマンションの一室なので階下への騒音問題があるためジャンプ出来ない事です。こればかりはまだ、こうやったらいいかなという解決策は見いだせていません。

狭い

リビングのサイズは14畳ほどあり、ソファーもテーブルも置いていないため空間としては贅沢に使えるなあと思っていましたが、それでもやはりダンサーにとってみては狭いようですね。ちょっとしょうがない気もします。家ですし。

まとめ

色んな道具を導入することで少しはバレエスタジオに近い環境には出来る事がわかりました。階下に迷惑になるような運動(ジャンプ、走る等)は本格的には出来ませんが、それでも自宅で動きの復習をやりたい時には活用できているようです。

全国のバレエダンサーもしくはその家の方々、ぜひご参考まで。

そういえば、この前美術館で子供がバレエのマイムの勉強になる!って言ってました。

ご興味お持ちでしたら、こちらの記事もご覧ください!

プーシキン美術館展に行ってきました!(大阪・国立国際美術館)

スポンサードリンク