【DIY・日曜大工】洗濯機上の棚を自作!地震で倒れず空間を活用できる構造は?

こんにちは!たーたんです。

この記事では、洗濯機上の何もないスペース・空間を有効に活用するための棚を作った時の内容をまとめます。作るきっかけから、完成した作品まで紹介していますので、皆さんのお役に立てれば嬉しいです!

ちなみにこのような作品になりました。モザイクかけてるのは洗濯機で、ちょっと昔のモデルなので恥ずかしくてこのようにしています。何も変なものではありません(笑)

スポンサードリンク

作るきっかけ

洗濯機置き場って、上に何もなく、がら〜んとしたスペースですよね。そのスペースは改めて見るととてももったいないように感じます。

洗濯機上の棚、で色々調べていると市販の棚も多くありますし、それを買ってモノが置ける!と思う方も多いのかなと思います。

ただ、我が家では洗濯機を置く防水パンが端(トビラ〜収納傍)まであり、市販の棚がうまく置けないんですよね。防水パンのフチの幅も20mm程度しかないので、市販のガッチリした棚はこのフチの上に脚が収まりません。

防水パンはプラスチック製ですが、ペコペコしておらず、結構固いです。

なので、頑丈さとしては何か棚を置くのは置けそうなのですが、幅が狭いのでそれが厳しい。

また、市販の棚は、ハンガー用のフックやら何やらありますが、妻と話しているとそのような機能は要らない。

その代わり、洗濯機から少し上にある給水用の弁を塞がないようにしたい

また、天井までピッタリ使えるものが良い(その方が転倒のリスクも少ない)し、よく使っている洗剤のストックが置けるようにしたい(ちょうどよい高さの棚が良い)。

整理すると、欲しい洗濯機上スペース用の棚は・・

  • 天井までピッタリあって、空間を最大限有効活用できる
  • 棚が何段かある
  • ハンガーフックのようなものは要らない(洗濯機すぐ上で洗濯物をハンガーにかけることはない)
  • その棚にはよく使っている洗剤のストックを置ける
  • 防水パンのフチの上に置ける脚(幅20mm程度)
  • 給水用の弁は塞がないように

という特徴を備えていて欲しい。

・・・そんなの、市販品では無いですよね。さすがに。給水用の弁を塞がないかどうかなんて、設置してみないとわからないし・・

となると、作るしかないですね!

スポンサードリンク

構造・デザインについて試行錯誤

作るとなるとどういうデザイン・構造にするか、ですが、色々悩みました。

脚が置けるスペースは20mm程度なので、脚は1×4材で作るのが良さそうです。2×4だと幅が40mm程度になるので分厚すぎますし、何より重くなります。洗剤のストックばかりで埋まるわけではないので、丈夫さも十分です。

脚を1×4材で作るとなると、棚の板も1×4材でいいかなと思ってきました。もちろんパイン材やベニヤでもかまわないと思います。

下手くそですが、当時の検討の絵はこんな感じです。

まずは高さ。スペースを調べると、2080mm程度の棚にするのが天井へのピッタリ感と入れる時のスムーズさの面で良さそうです。

ストックする詰め替え用洗剤の高さは300mm程度あれば十分収納できるので、棚の段数は2段か3段か、になりそう。幅は防水パンの幅となります(720mm)。奥行きは1×4材の枚数と防水パンの奥行きにもよりますが、防水パンの奥行きが530mmなので、いちばん深くて450mmとなります。

それでラフ検討したデザインが上の図ですが、ちょっとゴツいです。うーん・・ちょっと重そう。

という訳で、デザインの検討はもう少し続きます。

脚は4本脚に

最初のゴツそうなデザインをたたき台にして検討を続けます。

まず正面にトビラを付けてはどうか?と考えました。そして脚は間を間引いて、4本脚にするプランです。当時の検討メモからキャプチャしたのがこちら。

4本脚にするのは良さそうですが、だからといってサイドを開放的にすると結構その開放っぷりも大きい(230mmのスキマが各段に発生する計算)ので、サイドも板にしたい。

ベニヤで?というプランもありました。上のメモでは(強度的に)弱そう、と記載されていますが、別途材料を複数合わせて買う計算をした所、材料費としては別プランの方が良かったのでボツになりました。

サイドも1×4材で

上記の流れから、棚の側面部も1×4材で作る方向で検討しました。そのラフプランがこちら。

側面部の板の継ぎ方は、ダボ継ぎを最初考えました。

その時試作もしましたが、精度が上がらず却下。私はこのダボ継ぎがなかなか上達しないですね・・そのまま接着剤で固定するのみにしています。

(得意な方、コツを教えてください!)

次は天井からの棚部分の長さについて追加で検討します。

スポンサードリンク